1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. テレワーク普及で実践すべきオンライン×オフラインの“ブレンド型人材育成”

テレワーク普及で実践すべきオンライン×オフラインの“ブレンド型人材育成”

シリーズ「With & Postコロナの企業内人材育成」第2回

2020/06/17
三村 宗充

はじめに
2019年末から世界的感染が急速に広がっている新型コロナウイルス感染症の影響で社会・生活・ビジネスが一変する中、いわゆる「With&Post コロナ」においては以前には後戻りできない新しい形態、即ち「ニューノーマル」への適応が叫ばれている。その中で、企業における人材や人材育成はどうあるべきなのかについて、シリーズでコンサルティングレポートを掲載している。
第2回は「テレワーク普及で実践すべきオンライン×オフラインの“ブレンド型人材育成”」である。
激変するビジネス環境下では速やかに知識・技能を習得する必要性が増している。そのような中、ICTをはじめとするデジタル技術の絶え間ない進展によって、それを可能にするオンラインでの育成機会・手段も格段に増加している。さらに、テレワークの普及によって、多くのビジネスパーソンがこれらを活用しやすい環境も整ってきている。
一方で、直接会ったり触れたりすることのできるオフラインの環境だからこそ、オンライン以上に効果を発揮する育成機会・手段も存在している。本レポートでは、これらを組み合わせた「ブレンド型人材育成」について解説していく・・・(続きは全文紹介をご覧ください)

(関連レポート)

シリーズ「With & Postコロナの企業内人材育成」第1回
テレワークへの適応に求められる個人のスキルとマネジメントの要諦

(関連情報)

【特別企画】新型コロナウイルスがもたらす経営課題・新たな経営環境への対応支援

経営戦略部
シニアコンサルタント
三村 宗充

関連レポート

レポート