1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. テレワークをいかに上手く活用すべきか

テレワークをいかに上手く活用すべきか

Withコロナ時代に求められる企業の姿勢とは

2020/07/22
業務ICTコンサルティング部 コンサルタント 鈴江 智彦

はじめに
世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス(COVID-19)は、人々の活動に大きな制限を課した。日本国内においては緊急事態宣言の発出に伴い、多くの企業が在宅勤務や出社制限等の対応を迫られた。宣言明けの現在、新しい生活様式への適応と第二波、第三波への警戒を視野に、テレワークの標準適用や拡大を目指す企業がある一方で、「オフィス等の職場に集合して全社員が同時に仕事に取り組む働き方(以下、従来型の働き方)」への復帰を目指す企業も一定数存在するとも言われる。いずれにせよ、実際にテレワークを体験した人が増えたことで、社会全体としてテレワークの必要性を問う議論が活性化し、ワークスタイルに対する意識にはこれまでにない変化が見られる。
本レポートでは新型コロナウイルスの影響により変化した情勢のもと、テレワークをいかに上手く活用すべきか、企業として進むべき指針を示していく。冒頭に日本におけるテレワークの歴史と定義を示したうえで、導入のための施策を踏まえながらその特徴を概説し、最後にWithコロナ時代における企業のテレワークに対する向き合い方について提言を述べる。

本レポートのサマリー

・テレワークとは「情報通信技術を活用した場所と時間にとらわれない柔軟な働き方」である

・実現に向けて、企業は「業務」「制度」「ツール」の観点から施策を進めていく必要がある

・Withコロナ時代にテレワークを有効活用するために意識したいのは「社会的な評価」と「オンラインだからこそ可能な価値創出」である

(続きは全文紹介をご覧ください)

(関連情報)

【特別企画】新型コロナウイルスがもたらす経営課題・新たな経営環境への対応支援

関連レポート

レポート