1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. グローバルレポート
  6. 海外投資Q&A「合弁事業を検討するにあたっての留意点」

海外投資Q&A「合弁事業を検討するにあたっての留意点」

2013/06/10

【Q】合弁事業を検討するにあたっての留意点は何か?

【A】最近の海外進出は、製造原価の削減を目指してアジアに工場を設立するという製造サイドのものよりは、アジアの市場で自社製品の販売を増やしたいとする販売サイドを目的とした進出がメインになってきています。また、製造拠点の設立にしても、全てを日本側で用意して一からはじめるのでは時間的にもコスト的にも負担が大きいといったことも言われています。こういった状況から、かつては日本企業のアジア進出は日本側独資というのが定番でしたが、現在では合弁事業が検討されるケースも増えてきています。今回と次回の2 回にわたって合弁事業の考え方を整理し...(続きは全文紹介をご覧ください)

(当社発行『GLOBAL Angle』 2013.6 より転載)

関連レポート

レポート