1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. グローバルレポート
  6. 海外進出を成功に導く現地法人社長のための、経営のポイントとコツ【第7回】

海外進出を成功に導く現地法人社長のための、経営のポイントとコツ【第7回】

2014/09/10
大島 誠

現場に入るときに必要なチェックポイント③-環境整備の実施

社内情報の掌握のための最後が、環境整備目線の社長による巡察です。最後とは言いつつ、できる限り早めに着手されることが望ましいと思います。

これは、基本的に抜き打ち(着任直後の空き時間)でやるのですが、拠点が複数あり出張対応が必要な時は事前に視察する旨を連絡してもかまいません。多くの日本企業は、5Sや6Sの企業文化を元々持っています。その意味で、環境整備目線の社長による巡察は、現地品質を日本品質に近づけるために必要な社長の仕事です。環境整備は...(続きは全文紹介をご覧ください)

(当社発行『GLOBAL Angle』 2014.9 より転載)

国際情報営業部
部付部長
大島 誠

関連レポート

レポート