1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. グローバルレポート
  6. 海外売掛債権管理 ~アジアを中心に

海外売掛債権管理 ~アジアを中心に

(4)失敗しない海外販売先との取引条件と取引限度の設定方法とは?

2019/03/04
保阪 賀津彦

「海外販売先との取引条件は一律で交渉、取引限度は販売先の発注量に応じて決める」という企業は意外に多い。これは「海外販売先の信用度を把握するのが難しい」と思われていることが背景にある。しかし、意外に多くの国で非上場会社でも決算書の当局提出義務があることから、海外販売先の信用度はある程度まで把握できる。やはり信用度の高い販売先と低い販売先とでは取引に適切なメリハリを付けるべきである。そうしないと信用度の高い先には売り損なうリスク、信用度の低い先には過大に販売して代金回収できないリスクを背負い込むことになる。・・・(続きは全文紹介をご覧ください)

(当社発行『GLOBAL Angle』2018.1より転載)

国際アドバイザリー事業部
副部長
保阪 賀津彦

関連レポート

レポート