情報セキュリティ

概要

情報セキュリティとは、重要な経営資源である情報の価値を最大限に保つことです。情報セキュリティ体制の構築により、機密情報の漏洩防止のほか、重要情報の滅失・き損の防止、情報に関する法令や契約の違反防止等、さまざまなリスクへの対策を講じます。
自社内の対策だけでは不十分な場合が多く、社外を含めたサプライチェーン全体での情報セキュリティの確保を図ることが肝要です。 情報セキュリティを確保することで、自社競争力の継続的な維持や、取引関係者の信頼感の獲得などが期待でき、企業価値の向上につながります。

情報セキュリティで対象とするリスク

収益コア顧客の維持・増強戦略

コンサルティングの特徴

特徴①.企業規模・事業形態に即した仕組み

豊富な支援実績により、貴社の企業規模・事業形態に最適な仕組みをご提案いたします。

特徴②.現場への問題意識の浸透

経営陣が情報セキュリティに対して感じておられる問題意識を、専門家の立場で現場の末端まで浸透させます。貴社業種の事件・事例等を盛り込んだ教育テキストや朝礼等、様々な浸透策をご提案いたします。

特徴③.全社的なリスクマネジメントの目線

情報セキュリティの仕組みを、全社的なリスクマネジメントの観点から構築します。狭い領域での規程策定や、システム導入にとどまらず、統合マネジメントとして統合します。

実績・事例

  • 研究所・製造業等の業種別の機密情報/個人情報管理体制構築
  • 情報セキュリティマネジメントシステム構築支援
  • ISMS(ISO/IEC27001)認証取得支援
  • 情報セキュリティ監査(公認情報セキュリティ監査制度での対応可)
  • 情報漏えい事件是正策策定支援
  • 個人情報保護体制構築支援
  • 個人情報保護体制構築支援
  • 個人情報保護教育支援
  • 個人情報保護監査
BCP策定ツール「BCPクリエーター」の提供
調達リスク調査・戦略選定と直接の関係はありませんが、弊社が開発したBCP構築の支援ツール「BCPクリエーター」の活用により、効率的なBCP構築が可能となります。なおBCPクリエーターはISO22301と整合をとって開発されています。

その他のテーマ

サービス