1. ホーム
  2. サービス
  3. 企業のお客さま
  4. ESG/サステナビリティコンサルティング支援

ESG/サステナビリティコンサルティング支援

概要

「持続可能な社会を形成する」ことは、今や社会の共通認識となっています。その実現に向けては、様々なステークホルダーから企業に対する期待が高まっていますが、企業は、自らが持続的に成長していくためにも、できる限り長期的な視点でSDGsに代表されるようなE(環境面)・S(社会面)・G(ガバナンス面)の課題に向き合う必要があります。そしてこうした中、本業を通じて課題解決に向けて取り組む、実行力のある企業への支持や評価が、向上しています。
当社では、企業が直面する社会的な課題を、どのように戦略の中核に落とし込み、明確な目標の達成に向け具体的な取り組みを実践するか、そして積極的なコミュニケーションを通じて、ステークホルダーの価値をどのように高めていくか等の、ご支援を提供しています。

MURCの強み

  • 当社は、総合コンサルティングファームとして戦略コンサルティングで多数の実績があり、そうした経験を活かしながら、ESG/サステナビリティの戦略の策定から、推進体制や仕組みの構築、具体的な取り組み推進、情報開示の高度化に至るまで、幅広い業種の企業の皆様にご支援を提供しています。
  • 官公庁への支援を行っている政策研究事業本部の経験や視座も活かし、総合的・俯瞰的観点から、企業の皆様の多様なニーズに合わせた、実践的で実務に役立つご支援を提供いたします。
  • 企業が持続的に成長していくために、戦略から情報開示に至る一連の流れ全体について、長期的な観点からご支援を提供いたします。

ご支援サービス

  1. ESG/サステナビリティ戦略策定支援
    ・中長期戦略へのESG視点の融合、ESGビジョンの策定、マテリアリティ分析、等
  2. ESG/サステナビリティマネジメント構築支援
    ・ESG推進の強化・高度化に向けた体制構築、ESG視点からのグループ管理の強化、等
  3. SDGs経営(導入)支援
    ・SDGsの達成に貢献する事業戦略の立案、SDGs推進体制の構築、等
  4. 人権マネジメント構築支援
    ・人権方針策定、人権デュ―デリジェンス(DD)の仕組みの構築、人権DDの実施、等
  5. サプライチェーンESGマネジメント構築支援
    ・持続可能な調達の仕組みの構築、取引先監査/モニタリングの実施、等
  6. ESGコミュニケーション戦略策定・情報開示支援
    ・戦略的情報開示支援(統合報告書・非財務報告書の企画・制作、ウェブサイト改訂)
    ・ESG評価機関への対応
  7. ESG浸透活動支援
    ・社内研修(講演会・勉強会)の実施、参加型研修/ワークショップの開催、等
  8. ESG関連調査
    ・ESG/サステナビリティに関する各種調査全般

実績例

  • 実践企業インタビュー集「SDGs時代に向き合う経営のあり方」(2020年5月)
  • ESG戦略の立案支援
    特定した重要課題(マテリアリティ)の解決に向けた取組みが、中期経営計画においてどのような意味を持ち、事業や社会にどのような影響をもたらすかなどの視点を踏まえた、ESG/サステナビリティ戦略策定を支援
    ※セクター例: 消費財、建設・資材関連、自動車部品、サービス 等
  • ESG/SDGsマネジメントの仕組みの構築支援
    効果的で実効性の高い、ESG/SDGsのグループマネジメントの仕組み(体制、社内ルール等)の構築支援
    ※セクター例: 医薬品、耐久財、金融関連、消費財関連 等
  • 人権デューデリジェンスの構築支援
    事業活動全体における、人権デューデリジェンスの仕組みの構築を支援
    ※セクター例: 資源・エネルギー、消費財関連、耐久財 等
  • 持続可能な調達の推進支援
    ESG/SDGs課題の解決をサプライヤーと協働で実施するためのサプライチェーンマネジメントの強化を支援
    ※セクター例: アパレル、流通・小売、精密機器、輸送、消費財関連 等
  • ESGコミュニケーション戦略策定・実践支援
    ESG評価機関対応を含めた、情報を届けたいステークホルダーに対する効果的・戦略的な情報開示を支援(ESG評価機関対応、統合報告書・サステナビリティレポート・ESG関連Webサイト等の企画・制作支援 等)
    ※セクター例: 食品、設備機器、消費財、機械、医薬品、金融関連 等
担当部署・お問合わせ先
本件に関するお問い合わせは、
こちらまでお願いします。
コンサルティング事業本部
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2
オランダヒルズ森タワー
サービス