物流改革

概要

「物流は第三の利潤源」と言われて久しいですが、近年のドライバー不足を発端とする「物流クライシス」により、物流コスト、特に輸配送費の高騰に悩まれている企業も多いのではないでしょうか。一昔前は物流外部委託先の相見積もりを取ることで物流コストダウンを実現できましたが、今、その手法は通用しません。構造的な物流改革を行い、物流コストの最小化ではなく、利益の最大化を目指すべきです。
物流サービスレベルは物流コストとトレードオフの関係にあるので、物流サービスを棚卸し、物流コストとの因果関係を明確化することにより、本当に必要な物流サービスレベルを設定することで、利益の最大化を図るべきです。
当社では、自社物流現場の効率化から物流資源戦略やロジスティクス戦略構築、物流外部委託方針策定から選定まで、物流に関わるすべての部門・関係者(営業、仕入れ、生産、物流外部委託先等)を対象とした物流改革により、貴社の企業価値向上に向けたご支援を行います。

ロジスティクス戦略の概念

 

ロジスティクス戦略構築の進め方

当社の強み・当社が取り組む意義

  • 物流業務、物流業界に精通した「物流のプロ」がコンサルティングを担当いたします。
  • 雛形や他社事例をそのまま流用するのではなく、貴社の実態に応じた物流体制を構築します。そのため、貴社のビジネスモデルを理解し、実態を把握したうえで、貴社とディスカッションを通じて、貴社の実情に合致した体制構築をご支援いたします。
  • 現状分析や物流改革オプション選定にあたっては、定量的評価指標を算定することで、貴社の意思決定をアシストいたします。
  • 第三者がご支援することによって、社内利害関係に対する中立的な提案が可能です。また、様々なステークホルダーの視点を踏まえた提案が可能です。
  • 経営コンサルティング機能として、他の経営課題に対するご支援(資本戦略、経営戦略、人事戦略、マーケティング 等)も総合的にご提供いたします。

サービスメニュー

  • 総合物流診断
    経営戦略、営業戦略、物流と関連する業務、物流サービスレベルと物流コストを棚卸し、物流課題と解決策を明確化
  • 物流効率化提案
    拠点立地と機能等の物流チャネル、オペレーション改善、物流資源、物流外部委託方式等の見直し
  • ロジスティクス戦略構築
    在庫管理、企業利益を最大化する物流サービスレベルとコストの落としどころの策定
  • 物流アウトソーシング提案
    自社物流・物流子会社の外部委託化、外部委託契約見直し、要件設定、コンペ実施、管理手法策定
  • 先進物流システムの導入支援
    ITベンダー(IoT,AI,RPA等)や物流機器メーカーと連携し、貴社に最適な先進物流システム導入を支援します。

実績・事例

業種 売上高 主な改革内容
外食チェーン 865億円 直接貿易による仕入れ・輸入コストダウン
食品製造 416億円 サービスレベル見直し、物流委託契約見直し・物流管理強化・輸配送見直し
紙製品卸 750億円 輸入物流効率化・国内外拠点統廃合・新設
小売チェーン 360億円 拠点集約・拠点機能向上、外部委託契約見直し
教育用品卸 42億円 物流資源(自社物流)検討、物流外部委託に伴う条件設定と外部委託先選定
小売チェーン 120億円 サービスレベル見直し、物流集約・拠点新設、外部委託先選定
文具製造 525億円 サービスレベル見直し、拠点機能見直し、集約・再配置
食品製造 34億円 拠点作業改善・拠点集約・外部委託先選定
食品卸 56億円 物流業務外部委託範囲拡大、物流委託契約見直し、物流管理強化
通信販売 400億円 自社物流拠点化検討
出版・通信教育 40億円 物流業務改善・物流委託契約見直し・在庫管理強化
衣料品製造 55億円 拠点作業改善、物流情報システム構築
金属部品製造 355億円 物流管理組織体制構築、在庫管理強化、拠点機能見直し、輸配送見直し
担当部署・お問合わせ先
本件に関するお問い合わせは、
こちらまでお願いします。
コンサルティング事業本部
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2
オランダヒルズ森タワー
サービス