政策・経営研究39号最終
47/99

45環太平洋パートナーシップ(TPP)協定なぜTPPが必要なのかWhy Is the TPP Necessary?リーマンショック前には世界経済の活況によって隠されていた問題点が、リーマンショックによって一気に顕在化してきた。世界経済はショックから立ち直っているが、米国も欧州も中国もそれぞれの新たな立ち位置を模索している。日本も例外ではない。リーマンショック前までの日本経済は、輸出の拡大に支えられ2%程度の成長を続けてきたが、リーマンショック後は、輸出主導の成長メカニズムがうまく働かなくなり、ほとんど成長しない状態が続いている。政府は、アベノミクスによって経済を元気にしようとしているが、金融緩和、財政出動、成長戦略という3本の矢は実はオーソドックスな経済政策の組み合わせである。日本経済の構造変化に直面して、アベノミクスは期待されたような成果を発揮できないままでいる。日本経済の先行きに対する閉塞感が強まっている。少子高齢化が進む中で潜在成長力が低下していることは受け入れないといけない面もあるが、競争なくして成長はない。経済政策も、金融緩和、財政出動、成長戦略というこれまでの常識から発想を転換して、競争志向的な政策に切り替えていく必要があろう。TPPはそうした政策転換のきっかけになりうるものだ。日本経済の先行きに対する悲観論が漂う中で、TPPについてもマイナスのイメージでとらえられることが多い。しかし、守りに徹していても成果は出てこない。競争に積極的に参加していくことによって道が開けてくる。TPPを、閉塞感を打ち破り、日本経済が復活するきっかけにしていかなければならない。The collapse of Lehman Brothers unleashed problems that had previously been hidden behind a bustling world economy. As the world economy has recovered from the shock, the United States, European countries, and China have been exploring their new standing in the world. Japan is no exception. Before Lehman’s collapse, the Japanese economy had grown by approximately 2% per year due to expanding exports. After the shock, however, this export-led growth mechanism faltered and the economy has experienced little growth since. The Japanese government has tried to energize the economy with so-called Abenomics, but its “three arrows” (monetary easing, fiscal stimulus, and growth-oriented strategies) are in fact a combination of orthodox economic policies. In the face of the structural changes in the Japanese economy, Abenomics has been unable to produce expected results. There is a growing sense of hopelessness about the future of the Japanese economy. As population aging advances, we must accept, in some respects, the country’s declining potential for growth, but we must also remember that an economy does not grow without competitiveness. Japan’s economic policy should probably shift from the conventional approach (monetary easing, fiscal stimulus, and growth-oriented strategies) to a more competition-oriented approach. The TPP could be an opportunity to start such a policy transition. Because of pessimism about the future of the Japanese economy, the TPP is often viewed negatively. However, sticking to defensive measures will not yield positive results. Active participation in competition opens various possibilities. Japan must make the TPP an opportunity to bring an end to its sense of hopelessness and revive its economy.鈴木 明彦Akihiko Suzuki三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部長General Manager andChief EconomistEconomic Research Dept.Economic Research Division

元のページ 

page 47

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です