政策・経営研究39号最終
85/99

84季刊 政策・経営研究 2016  vol.3シンクタンク・レポート証券化を一歩前から考えるAn Objective View of Securitisation全知全能ではないわれわれにとってすべてのリスクを検討することは不可能であり、社会生活を過ごしていく際に「割り切り」は必要不可欠である。そして証券化を含め金融商品は仕組みによって成り立っているが、これは割り切りができる組み合わせによって成り立っているといえよう。割り切りの先には(想定外の)リスクがあるが、これは実は関係当事者にとって想定したくないリスクと認識すべき場合が多い。割り切りをどこで行っているかについてまったく注意することなく仕組みや理論に依存することはリスクを増加させるおそれがある。これが金融においても問題を惹起する可能性があり、そして実現したのが先の金融危機の発端となったサブプライム・ローンの証券化問題といえると考える。このような視点に立って証券化の前提である統計的手法、またリスクの売り捌き、信用格付、オフバランスシート、規制に関して一歩前から検討を試みた。Lacking omniscience, survival requires that we ignore some details when we make decisions, and we choose to ignore those that seem inessential. Financial techniques, including “securitisation” are structured, to a certain degree, under the assumption that “seemingly inessential matters” will be ignored. This neglect of such matters leads to the expansion of unexpected risk. This type of risk can be described as lying in “deliberately untouched” areas. When we fail to account for the fact that we are ignoring seemingly inessential matters and relying, instead, solely on structures and theories, we increase the possibility of risks related to these ignored areas. This may cause serious problems, with insufficient securitization of sub-prime loans as a particular example. 中野 昌治Shoji Nakano三菱UFJリサーチ&コンサルティング前代表取締役副社長Former Deputy President of Mitsubishi UFJ Research and Consulting Co., Ltd.

元のページ 

page 85

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です