市販書籍のご案内

当社の役職員が執筆した市販書籍(共著、部分執筆を含む)をご紹介します。

女性営業渉外の育成法 営業の基礎から融資渉外まで

女性営業渉外の育成法 営業の基礎から融資渉外まで
著 者  川井 栄一植月 彩織
発行年月 2017/05/19

<女性部下の育成を任された上司・先輩・管理職の方>
女性部下の管理育成のご参考事例として、男性部下との接し方の違いや、女性ならではの育成内容、営業渉外に送り出す際の留意点等の確認ツール、さらに、実際の部下とのコミュニケーションにもお役立ていただけます。

<営業・渉外業務に携わる女性の方>
お客様へ接する心構えやプロとして業務に臨む姿勢の習得、自己成長のための教材や上司からの指導育成のツールとして、上司と部下ご一緒に、と広くご活用いただければと思います。

タイ・シンガポール・インドネシア・ベトナム駐在員の選任・赴任から帰任まで完全ガイド(三訂版)

タイ・シンガポール・インドネシア・ベトナム駐在員の選任・赴任から帰任まで完全ガイド(三訂版)
著 者  藤井 恵
発行年月 2017/05/08

■企業の海外人事・総務・経理実務担当者、そして駐在員必携書。
日本企業の進出が目覚ましいタイ・シンガポール・インドネシア・ベトナムの社会保険・税務、教育事情、医療情報、給与体系の設定方法等について、項目別にQ&A方式で要点解説。

プロフェッショナルサービスのビジネスモデル

プロフェッショナルサービスのビジネスモデル
著 者  高橋 千枝子
発行年月 2017/05/08

特別な資格も生産設備も不要なプロフェッショナルファームは、なぜ政治の重要課題や大企業の経営戦略に関わり、高額な報酬を得られるのでしょうか。コンサルティングファームの比較事例分析より、「知識」を核としたビジネスのマネジメントを探ります。

企業買収の実務プロセス<第2版>

企業買収の実務プロセス<第2版>
著 者  木俣 貴光
発行年月 2017/03/27

本書は、買い手企業の担当者がディールを遂行する上でのポイントを時系列で解説しています。第2版では、平成26年会社法改正や平成29年度税制改正等、M&A実務に影響のある法律・会計・税務面の重要な制度改正をフォローしました。また、M&Aを取り巻く環境変化や裁判例等を踏まえ、最新の実務を反映すべく、ストラクチャリングに関わる部分を中心に、大幅な加筆・修正を行っています。

決定版!グリーンインフラ

決定版!グリーンインフラ
著 者  グリーンインフラ研究会、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、日経コンストラクション 編
編集委員(五十音順):加藤 禎久・西田 貴明・西廣 淳・福岡 孝則・吉田 丈人
発行年月 2017/01/24

人口減少や少子高齢化、自然災害のリスク増加、気候変動の進行、地域間競争の激化など、様々な社会問題が顕在化するなか、「グリーンインフラ」は次代を見据えた新しいインフラの概念として期待されています。
産官学の第一線の識者が集まったグリーンインフラ研究会では、これまでグリーンインフラの概念を整理し、各フィールドにおけるグリーンインフラのあり方について議論してきました。
本書では国内外のグリーンインフラの動向、関連事例を紹介するほか、グリーンインフラの将来像やビジネスチャンスについても言及しています。

現代経営戦略の軌跡

現代経営戦略の軌跡
著 者  高橋宏幸・加治敏雄・丹沢安治 編著

部分執筆:第4章 日本における外国人労働者政策の検討課題と考察
     ―「高度人材」の実像と活躍に向けて―
     国松 麻季 経済政策部 主任研究員、加藤 真 経済政策部 研究員
発行年月 2016/12/30

グローバル化が進展する中で企業が様々な面で戦略的対応を求められている現在に照らし、経営の各部分領域にかかわる戦略的対応をとりあげている本書のなかで、第4章では外国人活躍推進室のメンバーが外国人労働者の「高度人材」の活躍に向けて検討課題を整理、検討しました。
国松麻季が客員研究員として参加する中央大学経済研究所「現代戦略問題研究会」の研究チームによる研究成果の刊行です。

アベノミクスは進化する

アベノミクスは進化する
著 者  原田 泰・片岡 剛士・吉松 崇 [編著]
安達誠司・嶋津洋樹・青木大樹・村上尚己・中川 藍・宮嵜 浩[著]

部分執筆:序 金融岩石理論とは何か  原田 泰・片岡剛士・吉松 崇
     第1章 金融緩和政策とハイパーインフレ  片岡剛士
     第11章 構造失業率推定方法の誤り     片岡剛士
発行年月 2016/12/28

本書はアベノミクスの第1の矢、「大胆な金融緩和政策」への様々な非難を検討するものである。こうした非難は「金融政策の岩石理論」として整理できる。つまり、金融政策の効果はないが、効果があるとしたら、それが表れるまでに長い時間がかかり、表れだしたら一挙に強力な効果が表れるという考え方である。本書は、こうした考え方を持つ論者(金融岩石理論論者)の理論的根拠、実証的根拠を検討し、その誤りを正すことで金融政策の効果はどのように表れてくるかを明らかにすることを目的としている。

東海エリアデータブック2017

東海エリアデータブック2017
著 者  中日新聞社・三菱UFJリサーチ&コンサルティング(編)、共著:田中 三文(第1章 1-2 プロジェクト動向、第2章 消費者アンケート、第3章 トピックス、第4章 データバンク)、長尾 尚訓(第1章 1-3 産業動向)、他
発行年月 2016/12/22

東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)のマーケット&プロジェクト動向を一冊にまとめたビジネスマン必携の1冊です。 主なプロジェクトをカラー頁にて紹介するとともに、データ編では、人口・気象・土地、経済・財政、産業、都市・生活、運輸・交通、国際化、市町村データまでを網羅しています。

国際保健医療のキャリアナビ

国際保健医療のキャリアナビ
著 者  日本国際保健医療学会 編
部分執筆:「グローバル・ビジネスを通じた社会貢献を追求」
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 小柴 巌和
発行年月 2016/12/15

国際保健医療の仕事をめざす学生・社会人向けのキャリアガイド.30人のキャリアパスの実例を紹介した上で,仕事に就くための学び方や働き方を詳説.さらに, 学生の質問に編集委員が答える座談会も掲載しています。大学院等への進学や留学,インターンシップや履歴書の書き方等,役立つ情報が満載の本書は,国際保健医療の世界へ飛び立つための必携書です。

2017年日本はこうなる

2017年日本はこうなる
著 者  三菱UFJリサーチ&コンサルティング編
発行年月 2016/11/24

三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである当社のエコノミスト、コンサルタント、研究員の英知を結集した、ビジネスパーソン・学生必読の書。
第1部では、国内外の経済やマーケットの見通しをわかりやすく解説。第2部では、2017年を理解するための86のキーワードについてわかりやすく解説しています。

銀行激変を読み解く

銀行激変を読み解く
著 者  廉 了(著)
発行年月 2016/11/17

近年、ビジネス環境が激変している銀行業界の最新の動向について、最新の情勢を押さえておきたい銀行マンや、銀行業界を志望する就活生が、理解しやすいように解説した本です。
マイナス金利や日本の金融行政、地銀再編、バーゼル3、フィンテック、世界の金融市場まで、金融関係者なら知ってきたい 銀行を巡るさまざまな環境変化と銀行に与える影響について分析・考察しています。

アベノミクスと税財政改革 -- 財政研究 第12巻

アベノミクスと税財政改革 -- 財政研究 第12巻
著 者  日本財政学会/編
部分執筆 研究論文(2)社会保険料負担は企業の投資を抑制したのか?(小林庸平・中田大吾)
発行年月 2016/09/29

第72回大会シンポジウム「アベノミクスと税財政改革」,IMFのマイケル・キーン氏による招待講演,4本の特別寄稿論文,4本の投稿論文を収め,財政と財政学の今日的課題を明らかにする。

徹底調査 子供の貧困が日本を滅ぼす 社会的損失40兆円の衝撃

徹底調査 子供の貧困が日本を滅ぼす 社会的損失40兆円の衝撃
著 者  日本財団 子どもの貧困対策チーム・著
執筆者 日本財団:青柳光昌、花岡隼人 / 三菱UFJリサーチ&コンサルティング:小林庸平
発行年月 2016/09/21

6人に1人とされる子供の貧困を放置すると毎年40兆円の社会的損失が生まれる! データ、当事者インタビュー、国内外の研究紹介、必要な政策提言まで、「他人事」ではない貧困問題の最前線をレポート。

Climate Change Policies and Challenges in Indonesia

Climate Change Policies and Challenges in Indonesia
著 者  著者:Shinji Kaneko, Masato Kawanishi編著
部分執筆:植田 洋行(環境・エネルギー部 主任研究員)、松岡 夏子(環境・エネルギー部 副主任研究員)、榎 剛史(環境・エネルギー部 副主任研究員)
Part 1-3, Importance of Accurate GHG Estimation for the Effective Promotion of Mitigation Policies
発行年月 2016/06/16

本書は2章から成り、第1章はインドネシアの気候変動政策とその体制を、緩和・適応・REDD+・JCMといったテーマごとに解説しています。第2章は気候変動に関する具体的な対策・施策の事例を紹介しています。インドネシアの気候変動政策を総論的に理解するのに非常に役立つ1冊です。

日本式量化宽松将走向何方:安倍经济学的现在、过去与未来

日本式量化宽松将走向何方:安倍经济学的现在、过去与未来
著 者  片冈刚士 (作者), 杨玲(等译者)
発行年月 2016/05/01

”大胆的金融政策” “灵活的財政政策” “刺激民间投资的增长战略”,日本国民对“安倍经济”三大支柱政策的期待现在正转向对能给未来帯来希望的日本股市和汇市活力的期待。另一方面,也有人担心”大胆的金融政策”会帯来长期利率的暴涨以及过度的通货膨张,使所谓提薪最终无法惠及全民。
在这样的期待忧虑交织中究竟应该如何评价"安倍经济”?
本书中,锐意进取的经济学家将通过细到分析为您评述安倍经济三支利箭的现状及今后的走向。
※本書は片岡剛士『アベノミクスのゆくえ-現在・過去・未来の視点から考える』(光文社、2013年4月刊)の中国簡体字版です。

新・アジア経済論-中国とアジア・コンセンサスの模索-

新・アジア経済論-中国とアジア・コンセンサスの模索-
著 者  平川均・石川幸一・山本博史・矢野修一・小原篤次・小林尚朗編著
部分執筆: 第6章 アジアにおけるイスラム消費市場 武井 泉
発行年月 2016/03/15

本書は、中国経済が台頭する中で、東アジアのグローバリズムの実態と功罪、そして「ワシントン・コンセンサス」および「北京コンセンサス」の限界を実証的に分析しながら、「アジア・コンセンサス」ともいえる新たな開発協力モデルを提示することを目的としています。中国がこれから構造改革を進めていく中で、東アジアが世界経済の中でどのような位置づけにあるのか、中国の膨張と調整をどのようにとらえればよいのか、どのような地域協力体制を構築すれば共存共栄が実現できるかを考察しています。

日本経済読本(第20版)

日本経済読本(第20版)
著 者  金森久雄・大守隆[編]
部分執筆:中田 一良 (調査部 主任研究員)  第4章 財政赤字の拡大と再建への取組み
発行年月 2016/03/03

累計37万部超のロングセラーテキスト最新改訂版です。
豊富なデータから日本経済の問題点と解決策を探り、「経済を見る眼」を 養うことができます。

持株会社・グループ組織再編・M&Aを活用した事業承継スキーム―後継者・税務・株式評価から考える

持株会社・グループ組織再編・M&Aを活用した事業承継スキーム―後継者・税務・株式評価から考える
著 者  編著:木俣 貴光、税務監修:松島 一秋
共著:木俣 貴光瀧藤 隆範山本 諭史藤田 正行重光 義郎
発行年月 2016/02/06

中小企業から大企業の実務担当者向けに、事業承継対策を講ずる上で必要な知識やノウハウを解説します。具体的には、事業承継の課題や選択肢、プロジェクトの進め方や自社株対策に必要な税務知識を明らかにした上で、持株会社制移行、分社化、持株会、M&A、MBO、IPO、財団法人、海外活用など事業承継スキームを網羅的に解説しています。オーナー企業で事業承継対策を立案する実務担当者や金融機関、会計事務所等で事業承継対策を助言する専門家にも役立つよう、実務的な論点を整理しています。

五訂版:海外勤務者の税務と社会保険・給与Q&A

五訂版:海外勤務者の税務と社会保険・給与Q&A
著 者  藤井 恵
発行年月 2015/11/30

■海外人事・総務・経理担当者及び海外勤務者必携書
最新の情報を基に、海外勤務者の税務、社会保険・給与事務から主要国の個人所得税概要・租税条約、海外勤務者規程の作成、海外での危機管理などをQ&Aにより要点解説!

2016年日本はこうなる

2016年日本はこうなる
著 者  三菱UFJリサーチ&コンサルティング編
発行年月 2015/11/26

三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである当社のエコノミスト、コンサルタント、研究員の英知を結集した、ビジネスパーソン・学生必読の書。
第1部では、国内外の経済やマーケットの見通しをわかりやすく解説。第2部では、2016年を理解するための86のキーワードについてわかりやすく解説しています。

ISO 14001:2015 新旧規格の対照と解説

ISO 14001:2015 新旧規格の対照と解説
著 者  吉田 敬史・奥野 麻衣子(共著)
発行年月 2015/11/20

2015年に11年ぶりに改訂となったISO14001規格。本書では、日本代表エキスパートとして改訂作業の国際会議に参加した環境管理システム小委員会委員長と委員が、新しいISO14001規格で規定されている要求事項と、改定前のISO14001規格で規定されている要求事項を併記し、比較対照し、解説しています。新しいISO14001規格と改訂前のISO14001規格の違いが一目瞭然です。 新しいISO14001規格への移行に非常に役立つ1冊です。

ISO 14001:2015 要求事項の解説

ISO 14001:2015 要求事項の解説
著 者  吉田 敬史・奥野 麻衣子(共著)
発行年月 2015/11/20

2015年に11年ぶりに改訂となったISO14001規格。本書では、日本代表エキスパートとして改訂作業の国際会議に参加した環境管理システム小委員会委員長と委員が、そこで規定されている要求事項を箇条ごとに具体的に解説しています。新しいISO14001規格の理解には必須となる、定番の1冊です。

『ISO共通テキスト(附属書SL)解説と活用-ISOマネジメントシステム構築組織のパフォーマンス向上 』

『ISO共通テキスト(附属書SL)解説と活用-ISOマネジメントシステム構築組織のパフォーマンス向上 』
著 者  平林 良人・奥野 麻衣子(共著)
発行年月 2015/10/14

ISOが発行しているマネジメントシステム規格は、ISO9001(品質)、ISO14001(環境)、ISO/IEC27001(情報セキュリティ)をはじめ、ISO22000(食品安全)、ISO20121(イベント持続可能性)、ISO22301(事業継続)、ISO50001(エネルギー)、ISO45001(労働安全衛生)など、多くの分野を対象としたマネジメントシステム規格が続々と発行され続けています。こうした全てのマネジメントシステム規格に適用される附属書SL「共通テキスト」を、国際会議の現場に参加していたエキスパートが詳解します。この「共通テキスト」を通じて、様々なマネジメントシステム規格への理解をより深めることが出来ます。

決定版 インダストリー4.0―第4次産業革命の全貌

決定版 インダストリー4.0―第4次産業革命の全貌
著 者  尾木 蔵人
発行年月 2015/10/01

ドイツで始まっているインダストリー4.0の取り組みや、米国シリコンバレーの企業を中心に進むインダストリアルインターネットの動きは、企業の在り方や私たちの生活を大きく変化させようとしています。 今、人工知能やIoTを活用して世界で何が起きているのでしょうか。本書は、第4次産業革命の基本からグローバルな大潮流をコンパクトにわかりやすく解説。ドイツ企業・研究所や、米国のIT企業の動向に触れながら、日本への影響や、進むべき道を示しています。ビジネスパーソン、企業経営者必読の書。

海外進出のしかたと実務知識〈改訂版〉

海外進出のしかたと実務知識〈改訂版〉
著 者  軽森 雄二、細川 博(共著)
発行年月 2015/09/01

一口に海外進出といっても貿易から拠点設立、撤退、再編にいたるまでさまざまで、個々の企業によりその具体的な内容と課題は多様化していますが、本書は、海外展開の経験の浅い企業の方に手許に置いて参照・確認できるような内容としました。
今回の改訂版では、第1部海外進出の準備と実践で海外進出プロジェクトを時系列・ステップ別に解説し、第2部海外業務の基礎知識でプロジェクトの実践に必要な基礎知識について項目別に説明を行いましたが、第1部を読み進まれる中で出てくる関連項目について出来る限り第2部での関連説明箇所を記載して、その都度参照できるようにしました。また、各章の冒頭や必要な箇所にチェックリストを多数挿入して、実際のプロジェクトを進める際の確認作業に活用できるようにしました。

これからの人と企業を創る健康経営 ~健康経営評価と企業価値創造

これからの人と企業を創る健康経営 ~健康経営評価と企業価値創造
著 者  共著:岡田 邦夫(NPO法人健康経営研究会理事長)・高橋 千枝子(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)チーフコンサルタント)<執筆担当:(第3章 「新しい健康経営評価指標」)>
発行年月 2015/08/20

◆従業員の健康を重要な経営資源と位置づけて、経営者が健康投資に取り組み、企業の生産性の向上と従業員の健康増進、医療費の抑制、そして企業価値向上を生み出す経営手法、「健康経営」を紹介した決定本です。
◆超高齢社会と少子化による労働人口減少などの社会環境の変化を迎えるいま、働きがいのある仕事を得て、元気で働ける職場に勤められることで、一人ひとりが生きがいを生み出し、多くの企業が活力ある人を地域に送り出すことが求められています。
◆経営者をはじめ、企業マネジメントに携わるすべての方、必読の書です。

アメリカ・カナダ・メキシコ・ブラジル駐在員の 選任・赴任から帰任まで完全ガイド

アメリカ・カナダ・メキシコ・ブラジル駐在員の 選任・赴任から帰任まで完全ガイド
著 者  藤井 恵
発行年月 2015/08/07

企業の海外人事・総務・経理実務担当者、そして駐在員必携書。
日本企業の進出が目覚ましいアメリカ・メキシコ・ブラジル・カナダの社会保険・税務、教育事情、医療情報、給与体系の設定方法等について、項目別にQ&A方式で要点解説。

なぜ女性は仕事を辞めるのか

なぜ女性は仕事を辞めるのか
著 者  編著: 岩田正美/大沢真知子編著 日本女子大学現代女性キャリア研究所編、部分執筆:鈴木 陽子(第4章 非正規女性たちのキャリアのゆくえ)
発行年月 2015/06/24

「結婚・出産を契機に仕事を辞め、子育て後に復職する」ことを示すと考えられてきたM字カーブ。しかし女性が仕事を辞めるのは「仕事のやりがい」「労働環境」が原因だった――働く/働きたい/働き続けたい女性の就業実態を5,000人以上のデータから照らしました。

これから始める仕事と介護の両立支援

これから始める仕事と介護の両立支援
著 者  編集:労務行政研究所、部分執筆:矢島 洋子 (第1章 介護と仕事の両立支援をめぐる現状と企業に求められる取り組み)
発行年月 2015/06/12

社員の介護離職を防ぐために、あらためて、何から始めるべきか-まず必要なことは、介護に関する不安やニーズを把握し、情報や対策の提供、その提供体制を構築するための“会社と社員のコミュニケーション”ではないでしょうか。本書は、こうしたコミュニケーションづくりを両立支援の第一歩と考え、そのために必要な情報をお届けすることを目的として編集したものです。

地域金融機関の将来経営計画

地域金融機関の将来経営計画
著 者  五藤 靖人
発行年月 2015/03/30

筆者は、地域金融機関のコンサルティングを数多く手がけてきたが、コンサルティングの結果、同じ制度設計や同じ計画となった地域金融機関は、ひとつも存在しない。この多様性こそが、地域金融機関の魅力である。本書は、地域金融機関が「自ら進むべき道」を見定めるために必要な経営分析手法とその活用方法を事例とともに紹介する。

本書には、地域金融機関の将来経営計画策定のすべてがある。

 

CSV経営による市場創造

CSV経営による市場創造
著 者  三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 編著、(共著)1章、8章 矢野 昌彦、2章 石山 泰男、秋元 潤司、3章-1 キリン株式会社 太田 健、3章-2 株式会社日立製作所 瀬川 佳昭、3章-3 株式会社資生堂 磯田 篤、3章-3、5章-1、5章-4 武井 泉、4章 高橋 千枝子、5章-1、第7章 国松 麻季、5章-2 住友化学株式会社 山口 真広、5章-3 日本電気株式会社 渡辺 周、高山 雅史、5章-4 サラヤ株式会社 代島 裕世、6章-1 8章 永倉 由紀子、6章-2 オムロン株式会社 安藤 聡、6章-3 武田薬品工業株式会社 金田 晃一
発行年月 2015/03/23

先進企業においては、旧来の戦略やマネジメント体制を改め、富める国、貧しい国の市場ニーズごとに、積極的にステークホルダーと協働し、適切なビジネスモデルを構築し、社会課題の解決と収益拡大の両立をめざすようになってきました。このような考え方は、CSV(Creating Shared Value:共有価値創造)と呼ばれ、

 (1)既存事業のバリューチェーンの再定義・見直し

 (2)商品開発&ニューサービスなどの新規事業の発掘と既存事業との融合

 (3)富める国、貧しい国ごとの地域クラスターや国際機関などのパートナーとの協働などの「CSVアプローチ」を実践していくことが、21世紀の新しい潮流として注目されるようになってきています。

 CSVは、いわば戦略的市場創造そのものです。社会との共有価値を創出することにより、社会的貢献をすると同時に企業利益の最大化もめざすのがCSVといえます。

 本書は、CSV経営の考え方、CSVアプローチの重要性、ノウハウを、国内事例、海外事例などの事例研究を通じて多角的に紹介し、成長を見据えた「CSVビジョンの設定」「CSVアプローチによる市場創造」の検討に役立つように構成されています。

三訂版 これならわかる! 租税条約

三訂版 これならわかる! 租税条約
著 者  藤井 恵
発行年月 2015/03/20

■租税条約の入門書
日本が世界の国々と締結している租税条約についてOECDモデル条約や国連モデル条約などに沿って図表もも多用し、初心者にもわかるように丁寧に解説しています。
また、日本が締結した全ての租税条約の内容が網羅されているだけではなく、 第三国間の租税条約における配当、利子、使用料の制限税率一覧も確認することができます。

2015年日本はこうなる

2015年日本はこうなる
著 者  三菱UFJリサーチ&コンサルティング編
発行年月 2014/11/27

三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである当社のエコノミスト、コンサルタント、研究員の英知を結集した、ビジネスパーソン・学生必読の書。
第1部では、国内外の経済やマーケットの見通しをわかりやすく解説。第2部では、2015年を理解するための86のキーワードについてわかりやすく解説しています。

日本経済はなぜ浮上しないのか-アベノミクス第2ステージへの論点

日本経済はなぜ浮上しないのか-アベノミクス第2ステージへの論点
著 者  片岡 剛士
発行年月 2014/11/10

景気はますます悪化。財政再建には役立たない。社会保障費には回らない。
消費税増税で、この国は瓦解する!

アベノミクスがスタートして約2年。最初の1年で25%の円安、75%の株高と華々しい成果を上げたかに見えたが、今年春に消費税が5%から8%に引き上げられたことで、日本経済は失速。消費増税の影響のほかにも、「円安なのに期待どおり輸出が増えない」「企業の業績は好調なのに賃金が上がらない」など重要な問題点が明らかになってきた。このような状況で、消費税をさらに引き上げたら、この国は瓦解する!
緻密で正確な分析と嘘ハッタリのない発言で圧倒的な信頼を得ている気鋭のエコノミストが、アベノミクス2年の徹底検証を踏まえて、緊急直言。

介護離職から社員を守る~ワーク・ライフ・バランスの新課題

介護離職から社員を守る~ワーク・ライフ・バランスの新課題
著 者  佐藤博樹、矢島 洋子(共著)
発行年月 2014/11/05

社員の仕事と介護の両立支援を企業として取り組むことの必要性や、支援の基本的な考え方、さらには両立支援の方法をデータや事例に基づいて、具体的に紹介しています。仕事と介護の両立支援は、企業の人材活用における緊急の取組み課題であることから、本書を参考にして両立支援に取り組む企業が増えることが期待されます。

社会的企業論-もうひとつの経済

社会的企業論-もうひとつの経済
著 者  山本 隆 編著
活動者(共著):小柴 巌和(第14章ソーシャル・マーケティング、第15章ソーシャル/ファイナンス部分執筆)
発行年月 2014/10/21

社会的企業について理論と実践の両面から整理しています。
「理論」・「国際比較」(米・英・伊・瑞・韓)、「事例研究」、「実務」の4部構成になっています。

人材サービス産業の新しい役割--就業機会とキャリアの質向上のために

人材サービス産業の新しい役割--就業機会とキャリアの質向上のために
著 者  佐藤 博樹 (東京大学教授),大木 栄一 (玉川大学教授)/編、(佐藤 博樹、島貫 智行、松浦 民恵、佐野 嘉秀、大木 栄一、豊島 竹男横山 重宏、小林 徹、平田 薫、坂爪 洋美、山路 崇正) 部分執筆、豊島 竹男、横山 重宏(第5章 派遣会社の機能と課題)、平田 薫(第8章 派遣先企業における管理職の人事管理)
発行年月 2014/07/05

派遣・請負就業の比重が高まり,職業紹介業を通じた転職なども増える中,人材サービス産業は存在感を増す一方です。この産業は,現代日本でいかなる社会的機能を果たしているのでしょうか。広範な実証研究で明らかにし,働く人・企業双方のために克服すべき課題に迫ります。

徹底分析アベノミクス-成果と課題

徹底分析アベノミクス-成果と課題
著 者  原田泰・齊藤誠(編著)、翁邦雄、片岡 剛士、安達誠司、河野龍太郎、高橋洋一、吉松崇、中里透、竹中平蔵、小峰隆夫、八代尚宏、八田達夫、北崎朋希、谷山智彦(著)
発行年月 2014/06/28

政策実行されてから1年が経過したアベノミクス。その成果に関しては様々な議論があります。本書では、推進派、慎重派の代表的な論客達がアベノミクスの現状と展望を評価しています。

はじめてリーダーを務める!

はじめてリーダーを務める!
著 者  西川 秀二
発行年月 2014/05/25

「リーダー、管理職になりたくない」というビジネスパーソンが最近増えています。この本は「リーダーになってチームをまとめ引っ張る喜び、やりがい」を、長年人材育成コンサルタント、研修講師を務めている筆者が、多くの企業での実例を参考にしながら分かりやすく物語調で表した書籍です。中堅商社の営業リーダー・山口君が多くの苦労や壁を乗り越えながら逞しく成長していく感動、成功体験を本書を通じて是非ともに味わってください。

ページの先頭へ

1234567890