経済・産業・雇用・労働

中部のインバウンド消費(2019年1-3月期)

~訪日外客数、消費額ともに増加~

2019/07/25 塚田 裕昭
調査レポート
国内マクロ経済

○日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数・出国日本人数」、観光庁「訪日外国人 消費動向調査(2019年1-3月期2次速報)」をもとに、地域別訪日外国人数、インバウンド消費額を推計した。
○2019年1-3月期に中部5 県を訪れた外国人数は前年比+18.2%の95万人と推計され、5四半期ぶりに増加した。
○同期の中部でのインバウンド消費額は前年比+5.8%の536億円と推計され、4四 半期ぶりに増加した。
○同期の中部での一人当たり消費額(消費単価)は、5.6万円と推計される。

 

※(7月29日訂正)レポート中に以下の通り誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。
3ページ 図表4 「昇龍道9県」のインバウンド消費額
■2018年/10-12月期の実数
正 702
誤 184
■2019年/1-3月期の実数
正 841
誤 336

執筆者

facebook twitter In LINE hatena mail

テーマ・タグから見つける

テーマを選択いただくと、該当するタグが表示され、レポート・コラムを絞り込むことができます。