サステナビリティ(環境・資源・エネルギー・ESG・人権)

最新かつ幅広い知見をもとに、持続可能な未来のための政策提言、企業へのコンサルティングなどを幅広く行っています。

  • 主に官公庁や金融機関等に対し、ESG投資・金融(サステナブルファイナンス)や、サステナビリティ情報開示に関する調査・コンサルティングを行っています。

  • 企業経営において、環境・社会課題と向き合い、事業を通じて持続可能な社会発展に寄与すること、それらをステークホルダーに的確に伝えることが求められています。

  • 脱炭素、温暖化適応、リニュアブル資源化、食糧危機克服などの「サステナブルな社会への変容」は、企業経営においては「事業へのリスクであり機会」となります。

  • バリューチェーンや産業全体でのサステナビリティ対応が不可欠となり、企業経営には「責任ある調達とサプライチェーン協働」(企業選定、原料選定)が求められています。

  • 気候変動領域の専門性を活かし、官公庁や企業等のお客様に対して、カーボンニュートラルの実現に向けて目指すべきビジョンの提案や、戦略策定の支援等を行っています。

  • 循環経済、3R・廃棄物、プラスチック資源循環・バイオエコノミーに関する調査・研究、政策立案、国内外ルール形成、技術開発・実証、ビジネス支援等に取り組んでいます。

  • 人間の生活、社会、経済活動とその存立基盤である“自然資源”の持続可能性の実現に向け、進むべき道筋と解決策を導く政策研究・コンサルティングに取り組んでいます。

  • 研究員の専門性、経験、ネットワークを生かし、政府開発援助(ODA)を中心とした途上国・新興国における国際協力事業や民間企業のビジネス展開等をご支援しています。

  • 持続可能な社会の実現に向けた国際的な枠組みづくり、日本企業の産業競争力強化等に向けた標準化戦略や国際規格(ISO規格等)策定の支援等を行っています。

  • 公的機関等の委託により、日本政府・企業の国際戦略の幅広いテーマに長年取り組んできたほか、近年は重要性の増す経済安全保障について特に力を入れています。

  • 社会的責任の基本とされる「人権」ですが、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」によるグローバルレベルかつ体系的なマネジメントが求められています。

  • 大規模な災害の頻発や地域の不安感の高まりなど、重要性が高まる防災・減災・レジリエンスや地域の安全確保に向けた政策立案・事業展開を豊富な実績に基づき支援します。

  • 人的資本経営の起点となる人的資本開示を効果的に行うため開示戦略の策定、開示戦略に沿った形での人的資本経営実践のための基盤構築・施策整備までをトータルでご支援します。

  • EBPM・政策評価の国内外の動向調査や、行政への導入支援、データを用いた政策の効果分析など、幅広いサービスを提供します。

  • 行動科学・行動経済学・ナッジの知見を活用して、行動変容の障害となるボトルネックの分析・特定や、施策の効果を高めるための支援を行っています。

  • 多様な価値観を受容し誰もが能力を発揮できる社会を実現するために、ダイバーシティ、女性活躍、ワーク・ライフ・バランス等に係る調査・コンサルティングを行っています。

レポート・コラム

ニュース

お問い合わせ

サービスについては、フォームよりお問い合わせいただけます。