UAM

facebook twitter In LINE hatena mail

Urban Air Mobility(アーバン エアー モビリティ)の頭文字を取った略語であり、都心航空モビリティを意味する。垂直離着陸(VTOL, Vertical Take Off and Landing)が可能な個人航空機カテゴリーの一種であり、空を新しい移動通路で利用できるので都心での移動効率性を最大化した次世代モビリティソリューションとして浮上している。

概念が登場した初期には空と陸を両立するコンセプトで開発が進み、当初はVTOL方式以外にもSTOL(Short Take Off and Landing)方式が有力な技術だと言われていた。2010年中盤前後からはVTOLを中心に開発がされるようになり、現在はUAMで使われる機体はVTOLが一般的と言われている。

UAMと言うアイデアは、「メガシティ」という概念の中での一つのソリューションとして初めて紹介された。平面の地面上では道路網を拡充する為に莫大な費用が発生するが、立体で使用可能な空は管制により効率的な利用が可能である。
空を道路として活用するには信頼性と安定性が保証できるかつ、環境にやさしい小型の機体が必須と言われており、UAMが本格的に展開される場合には、沢山の機体が低高度で空を利用する事になるため、さらに精密で正確な感性が必要である。