1. ホーム
  2. パブリシティ活動
  3. お知らせ
  4. 「データアナリティクス型エンゲージメントサーベイ」が第6回HRテクノロジー大賞アナリティクスサービス部門優秀賞を受賞

「データアナリティクス型エンゲージメントサーベイ」が第6回HRテクノロジー大賞アナリティクスサービス部門優秀賞を受賞

2021/08/18

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:池田 雅一)が提供するサービス「データアナリティクス型エンゲージメントサーベイ」が、経済産業省等が後援する「第6回HRテクノロジー大賞」のアナリティクスサービス部門優秀賞を受賞しました。

本サービスは、従業員のエンゲージメントや企業・組織へのコミットメントを可視化するという従来のエンゲージメントサーベイに関し、種々のデータアナリティクス手法を分析に活用することで、企業別・組織別・年代別等でエンゲージメントに影響を与える要素を定量的に構造化するものです。

1.HRテクノロジー大賞の概要と当社サービスの受賞理由

HRテクノロジー大賞は、日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰するアワードで、今年度で第6回の開催を迎えています。

社会、経済の変化が激しい現代において、企業人事は、率先して変革を推進する主体であるとともに、事業部門のビジネス・パートナーとして、ビジネスに貢献することが求められています。また、「ESG経営」が注目される昨今、企業の業績や生産性向上に人事がどのように貢献しているかを見える化し、「人的資本」に関する具体的なエビデンス・データを投資家や経営陣に開示する取り組みが、より一層求められるようになってきました。HRテクノロジー大賞は世界標準の大きなトレンドになりつつあるHRテクノロジーと人事ビッグデータの活用について、この分野の進化発展に寄与することを目的としています。

第6回HRテクノロジー大賞HP :https://hr-souken.jp/hrtech_award/

後援:経済産業省、産業技術総合研究所、情報処理推進機構、中小企業基盤整備機構、
株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム、
HR総研(ProFuture株式会社)

当社の「データアナリティクス型エンゲージメントサーベイ」は以下のポイントが評価され、アナリティクスサービス部門優秀賞を受賞いたしました。

  • ▶日系最大クラスの組織人事コンサルティングの実績と知見に基づき、課題に対し最適な施策の提案、アフターフォローまでを一気通貫で提供している点
  • ▶データアナリティクスを効果的に活用し、エンゲージメントや組織コミットメントに影響度の高い指標・要素を企業・組織・年代等のクラスタ別に、定量的に明らかにする点

2.「データアナリティクス型エンゲージメントサーベイ」の概要

「データアナリティクス型エンゲージメントサーベイ」は、従業員のエンゲージメントを測定するとともに、エンゲージメントへの影響要素をデータアナリティクスを活用して定量的に可視化し、その結果を元に組織や年代別の優先課題や施策についてフィードバックするサービスです。

「エンゲージメント」という概念自体はすでに日本国内においても一般的なものになりつつありますが、様々な定義が存在するため、「従業員満足度」ともよく混同されがちです。当社では特に生産性や離職抑制に対し正の影響があると示唆されている*「ワークエンゲージメント」と、「組織コミットメント」に着目しエンゲージメントサーベイを設計しています。

*(参考)令和元年版 労働経済の分析(厚生労働省)

当社のエンゲージメントサーベイコンセプト

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社_エンゲージメントサーベイコンセプト

本サービスの特長

  • ▶設問設計から施策提案まで一気通貫して、本邦トップクラスの組織人事コンサルティング実績と専門性に基づいたご支援が可能です。
  • ▶学術知見やデータアナリティクスを効果的に活用した、設問のカスタマイズや組織カルチャー・年代別意識ギャップ等を、定量的に可視化します。
  • ▶エクスペリエンス向上やデータ・テクノロジー活用を支援する当社専門チームの知見も活用し、サービスの設計を行っています。

本件に関するお問い合わせ

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

コンサルティング事業本部 組織人事ビジネスユニット HR第3部 古川
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2オランダヒルズ森タワー
E-mail : takuro.furukawa@murc.jp

報道機関からのお問い合わせ

コーポレート・コミュニケーション室|廣瀬・杉本
E-mail: info@murc.jp

パブリシティ活動