1. ホーム
  2. パブリシティ活動
  3. お知らせ
  4. はちのへ東奥朝日ソリューションと東北AIデータワーク支援センター との覚書調印について

はちのへ東奥朝日ソリューションと東北AIデータワーク支援センター との覚書調印について

地域AIデータワーク支援事業の構築と普及促進に向けて

2021/11/22

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:池田 雅一、以下、MURC)と株式会社はちのへ東奥朝日ソリューション (本社:青森県八戸市、代表取締役:亀橋 進、以下、HTAS)と一般社団法人東北AIデータワーク支援センター(本社:青森県八戸市、代表理事:福島 良昌、以下、TADC)は、AI等を活用した製品・サービス開発や地域課題解決において今後需要が見込まれるデータ開発・分析等関連業務(以下、地域AIデータワーク)を就労継続支援事業に導入するためのプラットフォームの構築と普及を推進すべく、10月8 日付で覚書を締結しました。

1. 背景

幅広い産業でAI・IoTによる業務のデジタル化・自動化が進み、人が担う仕事として求められる技術も付加価値も変わりつつあります。DX(デジタル革新)には、AIや装置を駆使して問題を解く人材だけではなく、課題解決やデジタルツイン構築のために、データを集めて加工したり、目的に応じたデータを開発して活用できるように整備したりする「データワーク」が不可欠となります。

データワークの代表例は、AIに学習させる教師データを作るアノテーション作業です。大量の画像やテキストを人間が正しく分類したり、意味づけを行います。大量のデータに対して繊細かつ一貫した判断が求められる、非常に神経を使う作業ですが、一方でグローバルな市場では価格競争にさらされ、適性と収入の両面でのマッチングが課題となります。

また、地方都市のスマート化、地域社会のサステナビリティの実現においてもデータワークの需要が生まれています。地方の事業者における生産性向上や地域の安心安全、観光、環境、人々の健康などさまざまな分野において質的な向上を図るためには、その地域で生まれるデータを集め、加工・分析して、地域社会の向上に活用するという「データの地産地活」の取り組みと「地域データ資産の構築・保全」が重要です。

一方、主に障がいのために一般企業での就労や職務遂行が難しい方々の就労を支援する制度の一つとして、就労継続支援事業があります。雇用型の就労継続支援A型事業所は、全国に3,800以上あり、約8万6千人が利用しており※注1、国および自治体から利用者に応じた運営費が助成されています。こうした利用者の中には、上記のようなデータワークに適性のある人も多いと考えられています。

2. 趣旨

今回締結した覚書では、これからのDX時代の産業や社会に必要なデータワークを各地域の就労継続支援A型事業所で受託業務として実施するために必要なプラットフォームを整備し、地域のデータ資産の構築や保全にも寄与することを目指して、下記のような役割で取り組みます。

  • HTASは、主に地域AIデータワークの作業及び指導の実践を通じて、現場における実態の把握、課題の抽出、解決手法の適用評価等を実施します。
  • TADCは、主に就労支援事業者に対して、地域AIデータワークの指導・運用を可能にするための支援機能の開発、実践、普及を担います。
  • MURCは、主に地域AIデータワーク需要の開拓、作業者特性を考慮した指導方法と作業運用方式の検討、全国展開のためのプラットフォーム構築の検討と評価を行います。

本活動によって相互の知見の共有を一層進め、地域AIデータワークにおける自治体および就労継続支援施設との連携を通じて、地域の未活用労働の活用と地域価値向上に貢献していきます。

データワークがつなぐ地域人材活用と地域価値向上

図 データワークがつなぐ地域人材活用と地域価値向上

3. 各組織の概要

■ 株式会社はちのへ東奥朝日ソリューション
就労継続支援事業所を青森県内6拠点に持ち、青森市・八戸市で障がいのある方々に向けての積極的な就労支援事業を展開しております。地域AIデータワークに関わる業務も積極的に取り組んでいます。
ホームページ: http://www.htas.co.jp/

■ 一般社団法人東北AIデータワーク支援センター
AI技能等の普及開発、人材育成を通じて、質の高いサービス提供を実現することにより障害者をはじめとした福祉サービス増進、専門的知識技能開発、障害者の人材育成等に取り組んでいます。

■ 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームです。東京・名古屋・大阪を拠点に、民間企業向け各種コンサルティング、国や地方自治体の政策に関する調査研究・提言、経営情報サービスの提供、企業人材の育成支援、マクロ経済に関する調査研究・提言など、幅広い事業を展開しています。
本件は、コンサルティング事業本部ココロミルラボが担当しています。
ホームページ: https://www.murc.jp/corporate/cnsl_intl/kokoromill_lab/

【本件に関するお問い合わせ】

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
コンサルティング本部 ココロミルラボ
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2オランダヒルズ森タワー
E-mail: kokoromill@murc.jp

【報道機関からのお問い合わせ】

コーポレート・コミュニケーション室
E-mail: info@murc.jp

パブリシティ活動