1. ホーム
  2. パブリシティ活動
  3. お知らせ
  4. タイ王国チュラロンコン大学 チュラ・ヘルスストリートが実施する「4Rイベント」に協力

タイ王国チュラロンコン大学 チュラ・ヘルスストリートが実施する「4Rイベント」に協力

~デジタル技術を活用した科学的根拠に基づくヘルスプロモーション活動の促進~

2021/11/25

Please see the page for English version.

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:池田 雅一、以下、MURC)は、タイ王国チュラロンコン大学が取り組む研究プログラム「チュラ・ヘルスストリート」(本部:バンコク、責任者:チュラロンコン大学教授 Chitlada Areesantichai)において11月25日より実施される「4Rイベント」に協力いたします。

本イベントは、定期的な運動(Regular exercise)、水と健康的な食事によるリフレッシュ(Refresh with water and healthy food)、ストレス低減(Reduce stress)、リラックス(Relax)の4つの「R」を推奨し、バンコクに住む住民のウェルビーイングに資することを目的とするもので、チュラ・ヘルスストリートにおいて今回初めて実施されます。また、同イベントにおいてデジタル技術を活用することで、科学的根拠に基づくヘルスプロモーション活動へと発展させることを目指しています。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本イベントはオンラインにて実施されます。

1. 趣旨・背景

現在、都市化が進むバンコクにおいては、従来からの感染性疾患に加え、生活習慣に起因する非感染性疾患といった新たな保健課題への対応が強く求められており、健康的な食事や運動、ストレスの緩和など、住民自身が自らの健康をコントロールするヘルスプロモーション活動の重要性がますます高まっています。それに伴い、現在実施されているヘルスプロモーション活動を、より科学的根拠に基づくものに発展させることが求められており、その過程においてデジタル技術の活用が不可欠です。

MURCに設置したCenter on Global Health Architectureでは、グローバルヘルスの課題解決に取り組んでおり、とりわけ低・中所得国の保健分野にてデジタル技術を活用することで、人々の健康増進に役立つ活動を推進しています。

チュラロンコン大学は、バンコクに本部を置く権威ある国立大学であり、大学がより住民の生活に寄り添った環境で研究と実践を行えるよう、2017年にチュラ・ヘルスストリートと呼ばれる取り組みを開始しました。この取り組みは、タイで初めてとなる革新的なヘルスアセスメント及び地域連携活動であり、住民自身が自らの健康を管理し、健康的な生活を送れるよう支援するものです。このモデルは、大学内外の連携により、大学の知見が都市部住民のもとへ提供され、ヘルスケアサービスの利用につながることを目指しています。

2. 4Rイベントについて

現在約4,000名のメンバーがチュラ・ヘルスストリートに登録しており、病気を未然に防ぐためのヘルスプロモーション活動を実施しています。同メンバーの多くが、砂糖、塩、油を多用した食べ物を好む一方で、定期的な運動をしていないなど、自身の健康に十分な配慮ができていないことが分かっており、それらを改善するために考案されたのが「4Rイベント」です。同イベントでは、メンバーに食生活の改善、定期的な運動、ストレス軽減、リラックスといった4Rを実践してもらうと同時に、体重やストレス指標を定期的に計測し、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を用いて報告することで成果を可視化し、どのように生活習慣を改善すると健康状態が向上し得るのか科学的に明らかにすることを目指します。また、チュラ・ヘルスストリート独自のヘルスケアアプリの開発も視野に入れています。なお、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)であるタイのアユタヤ銀行(現地呼称Krungsri)も同イベントを支援しています。

今後、MURCを通じ、チュラ・ヘルスストリートへの日本のヘルスケアテクノロジー関係者の知見提供やサービス導入等も検討し、科学的に立証された手法にて住民自らが健康増進の活動に取り組むことで、心身ともに健康な生活を送れるよう支援していきます。

図 チュラ・ヘルスストリート4Rイベント広告

(出所:チュラロンコン大学 チュラ・ヘルスストリート4Rイベント広告)

3. 各組織の概要

■ チュラロンコン大学チュラ・ヘルスストリート
チュラロンコン大学は、タイ王国最初の、かつ最も権威ある大学です。国際的レベルの国立大学であり、タイ社会を創造的かつ持続可能なものに変革するため、知識やイノベーションの創出に尽力しています。大学のミッションの1つに、得られた知識を国や社会の持続可能な発展に還元することを挙げており、これは現在取り組んでいる研究プログラム「チュラ・ヘルスストリート」にも該当します。
ホームページ: http://www.cphs.chula.ac.th/
Facebookページ : https://www.facebook.com/ChulaHealthStreet-434591346873206/

■ 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームです。東京・名古屋・大阪を拠点に、民間企業向け各種コンサルティング、国や地方自治体の政策に関する調査研究・提言、経営情報サービスの提供、企業人材の育成支援、マクロ経済に関する調査研究・提言など、幅広い事業を展開しています。
本件は、グローバルヘルスの課題解決を図る当社組織Center on Global Health Architectureが担当しています。
ホームページ: https://www.digitalsociety.murc.jp/globalhealth/architecture/index.html
Facebookページ: https://www.facebook.com/cgha.murc/
Linkedinページ: https://www.linkedin.com/company/25078975/

【本件に関するお問い合わせ】

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
ソーシャルインパクト・パートナーシップ事業部/ Center on Global Health Architecture|小柴・牧之内
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2オランダヒルズ森タワー
E-mail: ath-ch@murc.jp

【報道機関からのお問い合わせ】

コーポレート・コミュニケーション室|廣瀬・杉本
E-mail: info@murc.jp

パブリシティ活動