1. ホーム
  2. パブリシティ活動
  3. ニュースリリース
  4. 【速報】2021年スポーツマーケティング基礎調査

【速報】2021年スポーツマーケティング基礎調査

スポーツ参加市場規模は昨年比3割減の約1.1兆円。 新型コロナウイルス感染症前(2019年)に比べると市場は半減

2021/10/25

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:池田雅一)と、株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役社長グローバルCEO:佐々木徹)は、共同企画として「2021年スポーツマーケティング基礎調査」を実施し、その調査結果速報版を発表いたします。

本調査は、全国の15歳(中学生を除く)~69歳のマクロミルの調査専用パネルに対して実施し、男性1,000名、女性1,000名、計2,000名の回答を得ました。〔調査期間:2021年9月17日(金)~19日(日)の3日間〕

なお、本企画は2004年から始め、今回で18回目となります。

【調査結果の概要】

  • ◆スポーツ参加市場規模は約1.1兆円となり、昨年より3割減少(▲32.0%)。一昨年より5割減少(▲51.5%)。
  • ◆過去1年間にスタジアム観戦した人は全体の8.3%に減少。観戦者一人あたりの平均観戦回数も3.4回に減少。
  • ◆コロナ前と比べたスポーツに対する関心の変化は、「スポーツをすること」はやや減退、「スポーツを見ること」はやや好転。
  • ◆東京オリンピック/パラリンピックを開催したことへの評価、45%が肯定的。「スポーツのすばらしさを感じた」、「夢や希望を与えられた、勇気づけられた」という人が多い。
  • ◆スポーツ関連のクラウドファンディングで支援した経験がある人は、ごく少数(2.2%)にとどまる。関心のある人は14.4%と拡大の余地あり。
  • ◆プロ野球ファン人口は、2,279万人で昨年比184万人減。サッカーJリーグファン人口は、878万人で昨年比220万人減。
  • ◆好きなスポーツ選手の第1位は、2位以下を大きく引き離して米大リーグ大谷翔平選手。

調査結果の詳細は添付資料をご参照ください。なお、本資料の調査結果のデータは速報値です。
本調査結果の詳細については、レポートとして後日販売を予定しています。

レポートの販売について
「2021年スポーツマーケティング基礎調査」のレポートの販売は、本年11月下旬を予定しています。
レポートの販売の詳細情報はホームページをご覧ください。

出所表記について
本リリースの引用に際しては、必ず出所を明記してください。
<例> 三菱UFJリサーチ&コンサルティングとマクロミルによる共同調査

続きは全文紹介をご覧ください。

 

本件に関するお問い合わせ

コーポレート・コミュニケーション室 広報担当|竹澤・杉本
E-mail:info@murc.jp
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2オランダヒルズ森タワー

パブリシティ活動