1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 景気概況
  5. グラフで見る関西経済
  6. グラフで見る関西経済(2022年1月)

グラフで見る関西経済(2022年1月)

2022/01/28
調査部
塚田 裕昭

【今月の景気判断】

  • 持ち直しが一服

【今月のポイント】

■ 生産(11月)は5ヵ月ぶりに増加となった。電子部品デバイス、電気機械などが増加したが、全体としては弱含み基調が続いている。先行きについては、半導体不足などの影響で足踏みとなるリスクもあるが、持ち直しが見込まれる。

■ 実質輸出(12月)は2ヵ月連続で前月比で減少し、足踏み状態となっている。

■ 個人消費は、10月の緊急事態宣言の解除以降、小売販売が2ヵ月連続で増加となるなど持ち直しの動きがみられる。

持ち直しが一服

調査部
主任研究員
塚田 裕昭

関連レポート

レポート