1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. 経営承継シリーズ③ カリスマ的経営から組織的経営へ

経営承継シリーズ③ カリスマ的経営から組織的経営へ

2021/03/19
小松 創一郎

経営承継とは経営全般の次世代への引き継ぎを指す言葉であり、資本政策のみではなく、企業の長期的成長や持続可能性を左右する数多くの要素が含まれる。本シリーズでは、この経営承継を行う上でのヒントを紹介する。

【シリーズ「経営承継」タイトル一覧】

① 事業承継、経営承継とは何か
② 次世代の経営幹部をいかに育成すべきか
③ カリスマ的経営から組織的経営へ ・・・<本稿>
④ 資本政策とグループ経営

1. カリスマ的経営とは
「カリスマ的経営」とは何だろうか。よく中堅・中小企業では、経営トップによるカリスマ的経営が行われていると言われるが、これは個人的な能力(経験、勘等)や魅力に基づいて、ほぼワンマンかつトップダウンで会社を運営していることを指すケースが多いと思われる……(続きは全文紹介をご覧ください。

経営コンサルティング第2部
シニアマネージャー
小松 創一郎

関連レポート

レポート