経済・産業・雇用・労働

急速に進むユーロ安~今後もユーロ安が続く見込み

2022/07/15 土田 陽介
調査レポート
海外マクロ経済
  • 外国為替市場でユーロ安が急速に進んでいる。7月12日の取引時間中に一時0.9999ドルまでユーロが下落し、2002年以来のパリティ(1ドル=1ユーロ)割れとなった。
  • ユーロ安が進んだ理由としては、まず米国との金利差の拡大がある。また経常収支の赤字転落も、ユーロ安の大きな理由となっている。加えて、ノルドストリームの停止でユーロ安に弾みがついた。
  • 今後も金利差と実需の両面で、ユーロ安が進む見込みである。なお足元では、イタリアの政権崩壊リスクもユーロ安の材料になる。

続きは全文紹介をご覧ください。

テーマ・キーワードから見つける

テーマを選択いただくと、該当するキーワードが表示され、レポート・コラムを絞り込むことができます。