経済・産業・雇用・労働

英国で高まる住宅バブル崩壊の懸念

~急激な金利上昇で住宅価格の下落は免れない見通し

2022/10/19 土田 陽介
調査レポート
海外マクロ経済
変化を捉える【経済】
  • トラス新政権による大規模なインフレ対策が嫌気され、英国の金融市場では長期金利が急騰し、住宅ローン金利も上昇した。こうした状況を受けて、英国の住宅バブルが崩壊する可能性が高まっている。
  • 住宅ローン金利の上昇に伴い返済負担が増えることで、個人消費に対する制約も強まる。さらに、これまで堅調に推移してきた住宅の着工件数(住宅投資)も、需要の減退を受けて減少するだろう。
  • 家計が住宅ローンの返済負担に窮することで、住宅金融機関は多額の不良債権を抱えると考えられる。そして住宅金融機関の不良債権問題は、英国の金融システム全体の重荷となると懸念される。

続きは全文紹介をご覧ください。

お問い合わせ

サービスについては、フォームよりお問い合わせいただけます。

テーマ・キーワードから見つける

テーマを選択いただくと、該当するキーワードが表示され、レポート・コラムを絞り込むことができます。