経済・産業・雇用・労働

グラフで見る関西経済(2020年7月)

2020/07/28 塚田 裕昭
グラフで見る関西経済
国内マクロ経済

【今月の景気判断】

  • 新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況にあるが、一部に下げ止まりの動きもみられる

【今月のポイント】

  • ●新型コロナウイルス感染症の影響で、足下の指標は総じて厳しい水準にあるが、社会・経済活動再開もあり一部に下げ止まりの動きもみられる。
  • ●生産は減少が続くが、関西は輸送用機械の比重が小さいことから、全国に比べ落ち込み幅は小さい。輸出は大幅な前年割れが続くが、前月比で小幅増加。
  • ●個人消費関連指標は、インバウンド蒸発の影響で百貨店の大幅減が続き、ドラッグストアも減少。一方、スーパー、家電は増加。総じて、下げ止まりの動きがみられる。
  • ●消費マインドは底打ちの動き。
  • ●6月の倒産件数は一転急増。

テーマ・タグから見つける

テーマを選択いただくと、該当するタグが表示され、レポート・コラムを絞り込むことができます。