1. ホーム
  2. 研究員・コンサルタント
  3. 邉見 達志

邉見 達志へんみ たつし

東京本部 環境・エネルギーユニット

地球環境部

主任研究員

専門性

専門分野担当業務

気候変動政策
市場メカニズム(二国間クレジット制度(JCM)、国際民間航空のためのカーボン・オフセット及び削減スキーム(CORSIA)、京都メカニズム(CDM(省エネ、再エネ、廃棄物、メタン、植林分野)、JI、排出量取引)等)
企業による気候変動分野の情報開示

保有資格

TOEIC: 920、スペイン語による調査も可能

各国知見

主要先進・途上国における気候変動政策

業界知見

鉄鋼、エネルギー、森林・林業等

経歴

学歴

Resource Conservation, School of Forestry, Univerysity of Montana, USA

職歴

環境コンサルティング会社等を経て当社入社
現在に至る

パブリシティ

研究会・委員会

2019/6~現在 (World Bank(世界銀行) Article 6 Advisory Group) (委員)
2009/4~2012/3 (海外植林地におけるCO2吸収量評価・認証システムの構築委員会)(委員)
2003~2008 (CDM 植林技術指針調査員会)(委員)

研修・講演等

2019/12 気候変動枠組条約締約国会議サイドイベント「Leading the Article 6 Implementation: examples from the Joint Crediting Mechanism and other mechanisms」モデレーション
2019/9 アジア太平洋気候週間ラウンドテーブル会議「Operationalising Article 6: the Joint Crediting Mechanism」発表
2018/12 気候変動枠組条約締約国会議サイドイベント「Operationalization of Article 6 of the Paris Agreement and the Joint Crediting Mechanism (JCM)」発表
2018/10 国際排出量取引協会「パリ協定第6条ビジネス対話会合」における「Experiences from the JCM and Implications to Article 6.4 Mechanism」発表
2018/5 Innovate4Climateのセッション「Piloting Internationally Transferred Mitigation Outcomes (ITMOs) under Article 6 of the Paris Agreement and Ensuring Environmental Integrity」にパネリストとして参加

著書・論文執筆

2003 「京都議定書と森林吸収源の問題」 (生物の科学遺伝別冊No.17)

その他

2020/4/20 「Potential supply of Pre-2020 CERs」(地球環境戦略研究機関)

レポート・コラム