1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 分析レポート
  5. 調査レポート
  6. 2018年夏以来の下げ幅を記録したトルコリラ~中銀総裁の解任がトリガーに

2018年夏以来の下げ幅を記録したトルコリラ~中銀総裁の解任がトリガーに

2021/03/23
調査部
土田 陽介
  • 3月22日、トルコリラ相場が急落した。オセアニア市場では一時1ドル=8.48リラと前日の終値から17.6%安となり、2018年8月のトルコショック以来の下げ幅を記録した。
  • 前日にエルドアン大統領がアバール前中銀総裁を解任し、引き締め策に批判的なカブジュオール新総裁を任命、このことが投資家に嫌気されてリラ安が進むことになった。
  • 先んじて通貨が下落したことにより、実際に中銀が利下げを行うハードルの高さが示された。高金利政策が維持されればリラ安は一服しようが、利下げに転じれば過去最安値の更新は免れない。

続きは全文紹介をご覧ください。

調査部
副主任研究員
土田 陽介

関連レポート

レポート