1. ホーム
  2. 研究員・コンサルタント
  3. 薗 巳晴

薗 巳晴その みはる

東京本部   

主任研究員

専門性

専門分野担当業務

環境法,消費者法,情報法,国際法,法政策学,法社会学

環境政策,自然資源管理(生物多様性,遺伝資源,先住民の伝統的知識)

安心・安全政策,消費者政策,科学技術・リスクと社会

広報・コミュニケーション(環境,CSR,リスク,マーケティング)

社会調査,質的研究,文化人類学

保有資格

専門社会調査士

学会

環境法政策学会、国際法学会、法社会学会、アジア法学会、国際開発学会、文化人類学会、科学技術社会論学会、バイオインダストリー協会、広報学会、社会調査協会

経歴

学歴

法学修士

慶應義塾大学 法学部法律学科 卒業

慶應義塾大学大学院 法学研究科公法学専攻 修士(前期博士)課程修了

名古屋大学大学院 国際開発研究科 博士後期課程 満期単位取得退学

職歴

調査研究・コンサル会社等を経て、当社入社

パブリシティ

メディア出演

新聞取材
「(国連地球生きもの会議)産業界、議論先取り 遺伝資源の利益配分」 朝日新聞 (2010.10.19 )

テレビ取材
「特集“生物多様性”そこに潜むモノ」 テレビ東京・ワールドビジネスサテライト(2010.3.30.放送)

雑誌寄稿依頼
環境会議 (2010年春号)

研究会・委員会

経済産業省・バイオインダストリー協会「生物多様性総合対策事業タスクフォース委員会」 委員 (2011,2012,2013,2014年度)
「港区生物多様性事業者フォーラム実行委員会」 委員 (2012年度)
国立民族学博物館 共同研究員 (2008-2010年度)
大阪大学グローバルCOEプログラム「コンフリクトの人文学国際研究教育拠点」 連携研究者 (2008-2009年度)
広報学会「感性報道価値研究会」 研究メンバー (2008年度)

研修・講演等

「先住民の知恵は誰のものか ~グローバル化、生物多様性、知的財産~」(首都大学東京) 2014.11.1.
「海外植林地における生物多様性配慮」(海外産業植林センター) 2013.6.11.
「遺伝資源アクセスと利益配分の概要と動向:生物多様性条約と名古屋議定書」(横浜国立大学環境情報研究院) 2013.1.17.
「ポストCOP10のABS対応のために:名古屋議定書の概要と今後の企業対応」(NORD&NGS) 2010.11.10.
「企業の社会的責任とABSに取組む際の基本枠組み」(生物多様性と社会デザイン研究会&JBA)2009.12.15.
「グローバルな状況下における法文化認識へ向けて:千葉正士と安田信之の法文化概念の接合の模索」(法社会学会) 2008.5.10.
「遺伝資源利用と企業の社会的責任:「伝統的知識の保護」の法政策論のための諸前提」(環境法政策学会)2005.6.11.
「現代法における千葉理論:法の人間学へ向けて」(法社会学会) 2005.5.14.
「グローバル化とローカル化の相互的並行状況下における法多元論の再考」(文化人類学会) 2004.6.5.
「遺伝資源利用と伝統的知識の保護をめぐる企業の社会的責任」(アジア・太平洋人権情報センター) 2003.10.30.
「マルチグローカルな状況下における環境法の思考可能性:生物多様性条約8条(j)実施問題から」(現・アジア法学会) 2002.7.13.

著書・論文執筆

『世界の先住民環境問題事典』 (明石書店2010年) 共訳 (ブルース・E・ジョハンセン著・平松監訳)
『文化としての法~人類学・法学からの誘い』 (福村出版2010年) 共訳 (ローレンス・ローゼン著・角田・石田監訳)
「生物多様性の環境リスクをどうとらえるか-企業と生物多様性条約の関わりを整理する」 環境会議2010年春号
『グローバル世界の法文化-法学・人類学からのアプローチ』 (福村出版2009年)共著
「企業の社会的責任と先住民・地域社会の権利-遺伝資源の利用と伝統的知識の保護をめぐる問題から」『アジア・太平洋人権レビュー2004 企業の社会的責任と人権』 (現代人文社2004年)
「マルチグローカルな状況下における環境法の思考可能性―生物多様性条約8条(j)実施問題から」『アジア法の諸相』 (アジア法研究会 (現アジア法学会)2003年)
『フィリピン共和国憲法-概要及び翻訳』 (衆議院憲法調査会事務局編2003年) 共訳 (安田信之監訳)