デジタルイノベーション

データドリブン推進(データ活用・可視化・データマネージメントプラットフォーム)

デジタルイノベーション
データドリブン
データ活用
データ可視化
データマネジメント

概要

データの利用に関し、多くの企業が以下のような課題を抱えています。

  • データが分散しており、データを活用した事業推進ができていない
  • 将来的にデータを組みわせて解析を推進していきたい
  • エビデンスに基づいた経営を推進したい
  • データを活用したシステム導入を検討したい
  • CRMやSFA、BIなどのデータ分析のアプトプットを活用したい

当社の強み

当社では分断している企業内データの整理・統合、新たなデータの収集、データの集積、データの利活用・データ分析、企業全体のデータマネージメントプラットフォーム構築検討に関するご支援をします。
データドリブンについての推進は多様な手法があります。
ゴールに合わせてカスタマイズをしてプロセスを整備していくことを想定していますが、以下は、データを集中的にマネジメントするデータプラットフォームの構築に向けての推進プロセスとデータマネージメントの一例です。

データドリブン推進例とデータマネージメントの一例

データ活用はデータ領域の対応だけでは十分な成果は得られません。ICT・業務・人財など多面的なアプローチが求められます。

データドリブン推進例

データマネージメント例

実績のご紹介(一例)

製造業

  • データプラットフォームの構築支援
    複数の領域にまたがる業務から得られる情報を一つのデータプラットフォームに格納し、可視化、分析、活用するための基盤構築と、基盤の運用に向けたオペレーションの設計を支援。
    部門やシステム毎に情報が分散していたために要していたデータ収集時間の大幅削減、ビジネス状況の迅速かつ正確な把握による意思決定の高度化を支援。

建設業

  • 建設業のデジタル化の活用に向けた取り組みの支援
    建設資材から獲得できるデータを取り込み、データを集中的に管理をするための仕組みの検討。
    IoT技術を活用したデータマネジメントによる新規事業の検討。

お問い合わせ

サービスについては、フォームよりお問い合わせいただけます。