1. ホーム
  2. 研究員・コンサルタント
  3. 佐藤 淳

佐藤 淳さとう あつし

東京本部 環境・エネルギーユニット   

主任研究員

国連気候変動枠組条約(UNFCCC)や京都議定書の下での、温室効果ガス排出・吸収量の算定・報告、森林等の吸収源や森林減少抑制等の算定アプローチ等については、実際の算定実施に加え、ルール・ガイドライン作成の段階から密に携わってきました。土地利用、森林分野の参照レベルやGHGインベントリに対するUNFCCCの下での審査においては、我が国で随一の経験・知見を積んでおり、国際的にも第一線で活動しています。
気候変動以外の調査においても、特に各種統計・調査情報を用いた分析を得意にしています。

専門性

専門分野担当業務

地球温暖化対策、温室効果ガス排出量・吸収量推計(森林吸収源、農地吸収源、都市吸収源、廃棄物処理)、温室効果ガス排出・吸収量推計・参照レベルの国際審査、国際交渉支援、途上国支援(温暖化対策・算定方法)、砂防工学、環境政策、木材利用、データ分析

保有資格

UNFCCCインベントリ審査官(土地利用及び林業分野)

各国知見

各国の温暖化政策、削減目標設定、温室効果ガス排出・吸収量の算定方法、土地利用分野の吸収量将来予測状況
ベトナムの温暖化対策、台湾の温暖化対策
家電省エネラベリング制度(中、越、インドネシア、インド、トルコ、メキシコ、ブラジル、EU等)

業界知見

京都議定書に関する各種ルール・義務
UNFCCCにおける算定・報告・審査ルール
気候変動国際交渉
土地利用・森林分野における温暖化対策
スポーツデータ分析

経歴

学歴

農学修士(東京大学)
東京大学農学部国際開発農学専修 卒業
東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻 修了

職歴

2003 当社(当時:UFJ総合研究所)入社
2005 国立環境研究所 温室効果ガスインベントリオフィス(2005/07~2006/08)
2006 当社復帰
現在に至る

事業開拓組織

パブリシティ

研究会・委員会

国際
2017~19年 Lead Author: IPCC 2019 Refinement to the 2006 IPCC Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories, AFOLU分野(2章、5章、8章、12章)
2016年~ Committee Member: UNFCCC GHG inventory LULUCF Advisory Committee
2017年 Expert: IPCC 2006年IPCCガイドライン利用に関するソフトウエア利用の専門家会合
2015年 Reviewer: UNFCCC Technical Assessment of the proposed forest reference emission level
2011年 Lead Reviewer: UNFCCC Technical Assessment of the forest management reference level

国内
2019年~ 国土交通省 ブルーカーボン検討会 委員
2019年~ 環境省 モンゴルを対象としたGOSATシリーズ温室効果ガス排出量推計精度評価有識者会合 委員
2016年~ 林野庁 伐採木材製品(HWP)検討会 委員
2012年  農林水産省 農地土壌炭素貯留の算定に関する専門家レビュー 委員
2011~12年 林野庁 次期枠組み検討会 委員

研修・講演等

2020/01/27 「Expectation for and from the estimation of GHG emissions and removals」International Workshop on Vegetation LiDAR and Application from Space 2020
2019/12/03 「Application of Tier 3 method/model for the AFOLU sector in Japan」IPCC TFI Side-event at COP-25 (Challenges and Opportunities in inventorying GHG)
2019/03/13 「Reviewing KP-LULUCF accounting issues」2019-Refresher seminars for experienced GHG inventory review experts
2017/09/19 「Existing methods and guidance of accounting for land sector」6th Informal Dialogue on the Land Sector
2016/04/25 「Cropland and Grassland carbon stock change estimation: Experience and lesson learnt in Japan」IPCC Expert Meeting for Technical Assessment of IPCC Inventory Guidelines: follow-up on specified issues from the 2015 expert meetings
2016/03/16 「木材利用ポイント事業実施の経済効果」木材利用システム研究会第55回月例研究会 兼 林業経済学会第41回研究会BOX
2014/03/19 「What are the opportunities and challenges for creating a common review/verification framework?」3rd Informal Dialogue on the Land Sector
2012/04/19 「Japan’s Energy Sector GHG Inventory and Uncertainty」 韓国エネルギー由来排出量の不確実性評価方法に関する検討会
2010/11/28~29 「日本林業部門室氣体排放管理策略」 台湾林業部門温室氣体排放管理策略検討會

著書・論文執筆

Sato, A., Nojiri, Y. Assessing the contribution of harvested wood products under greenhouse gas estimation: accounting under the Paris Agreement and the potential for double-counting among the choice of approaches. Carbon Balance Manage 14, 15 (2019) doi:10.1186/s13021-019-0129-5 研究論文(学術雑誌)、査読あり

Schlamadinger, B., Johns, T., Ciccarese,. L., Braun, M., Sato, A., Senyaz, A., Stephens, P., Takahashi,. M., Zhang, X., Options for including land use in a climate agreement post-2012: improving the Kyoto Protocol approach. Environmental Science & Policy, 10(4) (2007): 295-305 doi.org/10.1016/j.envsci.2006.12.004 研究論文(学術雑誌)、共著、査読あり

その他執筆


「パリ協定と森林 IPCC2019年方法論報告書のポイント」森林技術 2019年7月号
「脱炭素化への動きが加速! パリ協定が企業活動に与える影響」ビジネス法務 2017/03号
「第2約束期間を持たない日本の温暖化対策」 日刊建設工業新聞 2011.2.1版
「CO2削減幅25%はどこから出てきた数字なのか」 週刊エコノミスト 2010.3.28号
「地球温暖化に関する途上国の現状と課題~適応と森林減少抑制の観点から~(共著)」 季刊政策・経営研究3号 2007.10
「森林減少抑制カーボンファイナンスの展望」 国際金融  2007.9.1号 p46-51

レポート・コラム