経営戦略

自動車/モビリティ産業コンサルティング支援

自動車産業
モビリティ
CASE
MaaS

概要

CASEにより自動車の価値が大きく変わる中、世界的な脱炭素の潮流も重なり、従来のQCDに加え、環境に配慮した製品でなければ社会・顧客に選ばれない時代が到来しています。
自動車の価値変化に伴い、IT、エレクトロニクス、素材・化学メーカーなど相次ぐ異業種の自動車産業への参入、一方で、自動車部品メーカーによるエンジンで培った技術を活かした非自動車領域の進出など、自動車産業を取り巻くプレイヤーの構造も大きく変化しています。
「いいクルマ」の定義が環境、暮らし、技術、価値観により大きく変わろうとする中、企業は時代の変化に応じた未来志向の新しいビジョンを明示することが求められています。
当社は、大変革期に挑む自動車産業に携わるあらゆる企業の経営革新をサポートします。

当社の強み

コンサルタント、研究員など多くのテーマスペシャリストは元より、MUFG各社と連携しながら、これからの自動車産業に必要なあらゆる情報・ソリューションを集約し、100年に1度の大変革と言われる自動車産業の経営改革をご支援します。

自動車産業が直面する課題と当社のご支援

「近年の自動車製造業の経営課題」
自動車産業が直面する課題とMURCのご支援 図表

実績のご紹介

完成車メーカー支援例

  • 2030年のライフスタイルを踏まえたモビリティ戦略策定支援
  • 小型EVの可能性検討支援
  • ソフトウェア開発組織構築支援

自動車部品メーカー支援例

  • CASE時代の生き残り・成長に向けた中期経営計画策定支援
  • ソフトウェアファースト時代に応じた半導体事業戦略策定支援
  • 価格競争力強化に向けた収益改善支援
  • 系列見直しに伴うM&A、PMI支援
  • 完成車メーカーの拠点再編に伴う海外拠点の見直し・撤退支援
  • カーボンニュートラル実現に向けたGHG排出量測定およびGHG削減計画策定支援
  • 既存技術の棚卸に基づく非自動車領域探索・進出支援

その他支援例

  • ディーラーの新規出店に向けたマーケティング支援
  • 新素材を活用した化学メーカーの自動車産業参入支援
  • 地域、大学、地元企業と連携したMaaS市場調査

お問い合わせ

サービスについては、フォームよりお問い合わせいただけます。