組織・人事戦略

ジョブ型人材マネジメント

ジョブ型
職務等級
職務評価
ジョブディスクリプション

概要

経営を取り巻く環境変化が加速する中、人材の質的・量的不足、硬直化した組織など、人材面での課題が数多く顕在化しています。それら課題解決に向け、日本企業各社は成長への次なる一手として人材マネジメントの変革、その手段として職務を中心に据えたジョブ型人材マネジメントへの関心を高めています。
ジョブ型人材マネジメントには職務価値と連動した処遇の実現や、社員の自律的なキャリア形成の促進などの効果が期待されるものの、拙速な移行は自社の組織・人材の強みを棄損するリスクを伴います。自社の強みを維持・向上させつつ、経営方針・事業戦略に適した自社型の人材マネジメントを実現するには、ジョブ型人材マネジメントの考え方をどのように取り入れるのか、十分かつ入念な検討・準備が必要です。

ジョブ型人材マネジメントの期待効果と懸念点

ジョブ型人材マネジメントの期待効果と懸念点

当社の強み・特徴

MURCでは、ジョブ型人材マネジメントの基盤となる職務等級人事制度の設計から、人材育成・異動配置などの導入支援施策まで全体最適視点に基づくサービスを提供しています。一般にパッケージソリューションの職務等級人事制度は自社向けのカスタマイズが難しい中、MURCは長年各社の組織課題に応じたオーダーメイドのコンサルティングを実施した知見を有しており、各社の特徴を反映した職務評価の実施に強みがあります。各社の組織風土や経営戦略、事業計画などを踏まえて最適化した内容を提案します。改革の目的に照らして必要な深さ・スピード感で、ジョブ型人材マネジメントのパラダイムにシフトしていくことをご支援します。

ジョブ型人材マネジメントの範囲

ジョブ型人材マネジメントの範囲には、基幹人事制度(等級・評価・報酬)に加え採用や人材育成なども含まれます。

ジョブ型人材マネジメントの範囲

ジョブ型人材マネジメントの検討事項(一例)

実際にジョブ型人材マネジメントの導入に向けて検討する論点の一例を示します。

ジョブ型人材マネジメントの検討事項(一例)

実績のご紹介

当社における実際の導入事例の一部を以下に示します。全社的な人事制度改定に限らず、管理職や再雇用社員など一部にジョブ型の考え方を取り入れる例もあります。

実績

お問い合わせ

サービスについては、フォームよりお問い合わせいただけます。