1. ホーム
  2. サービス
  3. コンサルティング
  4. グローバルサプライチェーン・SCM改革

グローバルサプライチェーン・SCM改革

概要

 

昨今のグローバル事業環境において、地政学リスク、世界的パンデミック、環境配慮経営、デジタライゼーションなどのグローバルダイナミクスが生じており、そのサプライチェーンへの影響に対して各企業が対応に追われております。顕著な例として、米中デカップリングによって半導体業界が米国・中国のどちら側に資源投入するかの経営判断に直面している等があげられます。
一方で、グローバルサプライチェーンに関する普遍的課題であるQCDの維持・向上は変わらず存在します。コストメリットが取れる地域に進出後、時間経過により対象地域の人件費が上昇した場合、QCDを維持するために該当拠点での生産性改善を図るか、または新たな新興国への移行を検討する必要が出てくるでしょう。
MURCは、グローバル展開を進めるお客様に対して、グローバル環境の変化に対応したサプライチェーン・SCMを構築するためのお手伝いをいたします。

サービスメニュー

貴社のグローバルサプライチェーンの現状把握の上で、取り組むべき課題の解決策を提示するだけでなく、現場に定着させる実行支援までサポートいたします。

  • SCM成熟度診断:サプライチェーンの業務機能(開発・調達・生産・物流・販売等)についてそれぞれ成熟度を評価し、貴社のSCM上の課題を抽出
    グローバルサプライチェーン診断ソリューションのご紹介
  • SCM各種指標分析:サプライチェーンにおけるコスト全体像を見える化の上で、重点領域においてはさらに詳細な定量分析を実施し、財務的なインパクトを算定
  • 意思決定プロセスの再構築:サプライチェーンに関する意思決定の整流化のため、関連の部門間(開発・調達・生産・物流・販売等)のルールやプロセスの再整備案を検討
  • サプライチェーンの再編:最新のグローバルダイナミクスへの対応の上で、QCDバランスが最適となるようなロケーション戦略等を提案 ・サプライチェーンの高度化:DXやSCMシステム等の活用による各業務機能高度化に向けたプランニング、および、現場への実装までの実行支援
  • レジリエントな供給体制:コロナ禍や自然災害のようなサプライチェーン分断リスクにも耐えうるようなBCPを策定し、現場への定着までの実行支援

実績・事例

コロナ禍に対応した生産販売連携の強化、在庫管理スキ-ムの変更(製造業・化学)

お客様の課題

・コロナ禍で、一部製品カテゴリの需要が急騰する中で、国際便の調達リードタイムが不透明になり、欠品があい相次ぐ。

・その一方で、別の製品カテゴリの需要は急降下となり、過剰在庫が発生。機会損失を回避しつつ、在庫を適正化しなければならないという難題を抱える。

MURCのご支援内容

・緊急時における需要変動への調整能力を向上させるために生産・販売連携のプロセスや会議体の強化。

・製品特性に応じた在庫管理を行うために、新たな在庫管理スキームを実装。

・結果、機会損失の解消とともに在庫の適正化が実現。

事例を見る

DXによる海外生産機能の省力・省人化、経営情報提供の迅速化(製造業・精密機器/自動車部品)

お客様の課題

・海外工場では従来から生産実績の収集をマニュアルで行っており、収集に要する労力・コスト負担が大きく、本社への経営情報提供も時間がかかっていた。

・労力・コスト削減し、情報提供スピードを向上させることが喫緊の課題だった。

MURCのご支援内容

・生産実績収集を省力・省人化するために、工場現場の製造ラインをDX(IoT等)し、ほぼ自動で情報収集できる仕組みを提供。

・全社原価管理システムへデータ連携し、本社への情報提供がリアルタイムに近い形で実現。

事例を見る

コンサルティングや各種サービスについては、
こちらからお問い合わせください。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
コンサルティング事業本部

サービス