1. ホーム
  2. サービス
  3. コンサルティング
  4. グローバル事業再編・PMI

グローバル事業再編・PMI

概要

グローバルビジネスを継続する中では、主要顧客の拠点移管や集約、顧客層の変化、調達先の入れ替わりなど、ビジネス環境の変化とともに、最適な拠点立地も徐々に移り変わることがあります。また現地規制や社内事情、あるいはM&Aを背景として、同一エリアに複数拠点が並存した結果、事業や機能に重複が生じ、効率的な運営が損なわれることもあります。グローバルビジネスの進展を背景に、こうした海外拠点・海外事業の再編が課題となるケースが増えています。

特に近年、活発な動きが日本企業にも見られるM&Aですが、シナジー効果を発揮しつつ、新たな海外子会社を適切に管理するのは容易ではなく、当初期待していた成果が得られない事例もよく見られます。MURCは、グループ全体を踏まえた組織再編や、M&A後の組織改革など、グローバル事業の効率化に向けた支援を行います。

サービスメニュー

海外子会社の再編支援

事業部ごとに海外事業を展開するようなケースでは、同一国・地域に複数の海外子会社が設立され、管理上やガバナンス上の課題が生じることもあります。海外子会社の現状や課題の分析、再編計画の立案をご支援し、目的に沿った短期間での組織再編を実現します。

PMIの計画策定・実行支援

M&Aにおいて、PMI(ポスト・マージャ―・インテグレーション、買収後の統合プロセスを指す)の重要性は共通したものですが、そこに費やすことができるコストは、買収規模や個別事情によっても大きく異なります。本社のポリシーや、対象企業の実態に応じて、効率的かつ有効なPMIが実行できるよう、計画策定から実行までをオーダーメードでご支援します。

グローバル企業の買収に伴う組織再編支援

企業を買収した際に、その傘下に多くの海外子会社が連なっている、というケースは昨今では珍しいことではありません。こうした複雑な組織構造では、事前のデューデリジェンスでは実態が明らかとはならず、買収後にリスクが顕在化するケースも見られます。海外子会社の実態把握、リスクの分析、再編や統合の計画立案と実行支援まで、グローバル企業買収に伴うワンストップでのサービスを提供します。

実績・事例

組織再編支援(製造業)

お客様の課題
事業環境の変化を背景に、製造事業からサービス事業への転換を図っている。組織をダウンサイズさせ、市場のニーズに機動的かつ前向きに取り組むための体制を整えたい
MURCのご支援内容
事業面だけでなく労務や税務など、包括的な検討により現状分析と方針策定を支援。固定費を大幅に削減しながら、コアとなる事業や機能に注力し、リスクやコストをコントロールしながら、身軽な組織へと再編を進めた。

買収企業の統合支援(製造業)

お客様の課題
買収した米国企業の強みを生かすことを重視し、現地側に運営を任せる一方で、日本本社からも適切な管理を行いたい
MURCのご支援内容
買収後の「あるべき姿」について、買収以前より論点整理をお客様と行い、PMIを想定した条項を譲渡契約に織り込むなど、あらかじめ周到な準備を行った。また、買収後に実施する事業統合についても、米国企業との意識の共有を重視した計画を立案。買収後も、現地のモニタリングが有効に機能するための体制を確立した
事例を見る

コンサルティングや各種サービスについては、
こちらからお問い合わせください。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
コンサルティング事業本部

サービス