定年延長

概要

2021年4月の高年齢者雇用安定法の改正により、70歳までの就業機会確保が企業の努力義務となりました。今後、各社で70歳雇用を視野に入れつつ60歳超社員の活躍促進の動きが本格化することが見込まれます。

定年延長は60歳超社員の活性化の観点からパワフルかつ魅力的な人事施策です。一方で「60歳前を含めた基幹人事制度や退職給付の改定」等のハード面から「培った経験や専門性を活かす職務・役割付与や教育支援」等のソフト面に至るまで、検討すべき項目が多岐にわたり、何から始めてどこまでやればいいのか悩まれるケースもあります。

当社は、これまでの豊富なコンサルティングの実績をもとに、検討すべき事項と手順を明らかにしたうえで、定年延長を契機に貴社の人材マネジメントのレベルアップにつなげるコンサルティングをご提供します。

サービスメニュー

定年延長を自社の人材マネジメントにとって最適な形で導入するためには、様々な側面から入念な検討・分析、及び中長期の視野からの意思決定が求められます。

実績・事例

  • 定年延長診断(定年延長と再雇用のいずれが相応しいか)
  • 定年延長に係る基幹人事制度改定支援
  • 企業グループ一体的な定年延長の導入支援
  • 定年延長及びジョブ型人事制度の導入支援
  • 70歳雇用を見据えた人材マネジメント変革の総合支援
コンサルティングや各種サービスについては、
こちらからお問い合わせください。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
コンサルティング事業本部

サービス