1. ホーム
  2. サービス
  3. 企業のお客さま
  4. 全社戦略・中期経営計画

全社戦略・中期経営計画

概要

企業が永続するためには、短期的視点での取り組み(日常の改善レベルの取り組み等)とは別に中長期的視点に立った取り組みが必要となります。特に環境が大きく変化している状況下では、「日々の業務の積み重ねとして将来が有る」という発想ではなく、「将来展望からの逆算で日々やるべきことを定める/選別する」という考えに立たなければ時流の変化から取り残されてしまいます。
しかし、中長期的視点での取り組みは、目先では利益の圧迫や業務負荷の増加を伴うことも多く、日常的な業務の中で軽視されたり、経営者自身も「本当にこれらの取り組みは必要なのか」という疑心暗鬼に陥ることが多く生じます。また、大きな組織になればなるほど様々な人が様々な局面で意思決定を行いますが、会社として一つの方向に向かうためには、それらの意思決定の判断軸を共通にすることが求められます。
全社戦略や経営計画を策定し、日常業務で忙殺されがちな中長期的視点で必要な取り組み(課題)を特定すること、そして限られた経営資源を何に優先して振り向けるのか、ということを明確にすることが、特に環境変化(経営の前提)が大きく変化するこの時世では重要となります。
加えて、全社戦略・経営計画を策定した後に行動に移す際、それまでの経営の考え方に基づいて最適化されている経営管理などの手法、組織構造などは、新しい考えに基づく取り組みの妨げになることも多く生じます。全社戦略・経営計画の策定の際にはこの点にも注意を払い、戦略・計画を実行に移すための仕掛け作りなども併せて行うことが不可欠です。

当社の強み・当社が取り組む意義

当社は多くの経験・実績を有する戦略コンサルタントを抱えるだけではなく、シンクタンク機能やマクロ調査機能、組織人事や業務・ICT、海外展開やM&Aなど各領域の専門コンサルタントを数多く有しています。加えて、当社は三菱UFJフィナンシャル・グループの一員として、グループで有する様々な機能・ネットワークの活用ができるという強みを有しています。 当社では、これらの「総合力」を活かし、

  • 俯瞰的な視点から環境変化の本質、顧客企業の課題の根底をしっかりと捉えること
  • コンサルティングサービスに限定せず、戦略・計画実行に必要な様々な支援やサービスを提供し、顧客の企業価値増大の実現にしっかりと繋げること

に拘りを持ち、全社戦略・経営計画の策定支援を行っております。

実績・事例

産業資材製造業における全社戦略の策定

国内市場の成長余地が限定的になる中で、ビジネスモデルの転換および成長市場として国内の新領域および海外市場への展開などを視野に全社戦略の見直しに着手した。
特に「通説」となっていた自社の強みを客観的な視点から再定義し、その強みを活かした成長の方向性を特定。会社全体が新たな方向に進むために大きく軌道修正が図られた。

小売業における全社戦略の策定

消費者の嗜好、価値観の多様化や消費者の購買行動の変化を受け、10年後を見据え、店舗の在り方やデジタルツールの活用などを含めた事業構造の抜本的見直しを行った。
特にアマゾン・ドット・コムに代表されるECの拡大に対抗するため、店舗、店員が訴求すべき価値についてしっかりと見つめ直し、「売り方」の抜本的な転換を実現するための施策(チャネル再構築・ICTの活用 等)を実行した。

建設業における長期ビジョンおよび中期経営計画の策定

ICTの進展などにより、これまでの自社の優位性が大きく毀損される可能性が有ると同時に、参入が困難だった高付加価値分野への参入可能性が拡がるなど、経営の前提条件が大きく変化しつつある状況であった。
そのため、今一度自社が目指すべき方向性(長期ビジョン)を明確にすると同時に、方向性に沿った中期経営計画の策定を行った。特に今後の成長分野となる海外市場および新規事業について、その方針を明確に打ち出すと共に、その実現に必要な取り組み(人材や組織体制、ICTなどの経営基盤の強化が中心)を特定した。

担当部署・お問合わせ先
本件に関するお問い合わせは、
こちらまでお願いします。
コンサルティング事業本部
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2
オランダヒルズ森タワー
サービス