M&A戦略

概要

今や多くの日本企業が、国内での既存事業の成長鈍化や縮小に直面し、新たな成長ドライバーを具備した事業ポートフォリオの構築を渇望しています。そうした中、成長ドライバーの獲得方法やノンコア事業の撤退手法として、M&Aの重要性は増すばかりで、企業にとってもより洗練されたM&A戦略の策定とその後のディールエクゼキューションが求められています。
かつて主流は、同業他社の買収や自社既存事業の川上あるいは川下の企業買収など、言わば「土地勘」がある領域でのM&Aでした。しかし既存事業の閉塞感が強まる中、事業ドメインや進出地域などの面で、自社内に十分な知見を保有しているとは言い難い領域でのM&Aのニーズが急速に高まっています。 またM&Aに関しては受け身の姿勢という企業が少なくありませんでしたが、M&A市場での競争激化により、今や多くの企業が能動的にアクションを起こす戦略を採用するようになっております。
このように「土地勘」のない領域であっても、他社に先んじることが求められる中、M&A戦略の策定と実行に外部の力を活用することは一段と重要になっています。

当社の強み・当社が取り組む意義

同業他社買収型が主流であった際には、シナジーを含めたM&Aで得られる経済的価値の予測は、自社の既存事業での知見に基づいても十分に可能でした。しかし現在求められている新事業ドメイン進出型の場合は、社内での知見の蓄積が少なく、より綿密な検討が必要となります。
当社では、技術イノベーション動向と社会・個人ニーズの変化をそれぞれ中長期的な観点から予測します。それに基づき貴社のM&A戦略はどうあるべきかを検討致します。当社はコンサルティングファームでありながらシンクタンク機能を併せ持っており、こうした中長期的な環境変化の検討に際して、専門的な観点からインサイトを提供することが可能です。

M&A戦略策定プロセス(買い手側例)

実施事項(買い手側例)

サービスメニュー

  • M&A戦略策定支援
  • 事業ポートフォリオ戦略策定支援
  • フィナンシャル・アドバイザリー(FA)- 図を見る
  • アライアンス支援
  • 企業価値評価・株価算定
  • PMI支援

実績・事例

  • M&A戦略策定支援(住宅)
  • M&A戦略策定支援(その他製品)
  • M&A戦略策定支援(自動車部品)
  • 事業売却戦略策定支援(不動産管理)
  • 事業ポートフォリオ・事業売却戦略策定支援(金属)
  • フィナンシャル・アドバイザリー(実績多数)
  • 同業他社との共同事業体設立支援(医薬品、他)
  • 企業価値評価・株価算定(実績多数)
  • PMI支援(化学)
  • PMI支援(自動車販売)

関連ソリューション

担当部署・お問合わせ先
本件に関するお問い合わせは、
こちらまでお願いします。
コンサルティング事業本部
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2
オランダヒルズ森タワー
サービス