1. ホーム
  2. 研究員・コンサルタント
  3. 土田 陽介

土田 陽介つちだ ようすけ

調査本部 調査部

研究員

専門性

専門分野担当業務

欧米露の経済・金融分析

保有資格

証券アナリスト協会検定会員

学会

日本EU学会、比較経済体制学会、ロシア・東欧学会

各国知見

欧州(ユーロ圏、英国、中東欧)、米国

経歴

学歴

2005年03月 一橋大学経済学部卒業

2006年03月 一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了

職歴

株式会社浜銀総合研究所を経て入社、現在に至る

大学講師など

亜細亜大学経済学部非常勤講師(ヨーロッパ経済論)(2015年)

日本大学経済学部総合講座講師(ヨーロッパの経済と社会)(2017年)(2018年)

パブリシティ

研究会・委員会

「イタリアの銀行危機対応策の展開とその問題点」(日本EU学会2018年度研究大会2018年11月18日)
「ユーロ圏の経済・金融情勢の現状と展望」討論者(日本EU学会2018年関東部会2018年7月7日)
「スペインの銀行危機と安定化政策~イタリアとの比較を視野に」EU研究会(明治大学国際研究所2017年11月30日)
公益財団法人日本証券経済研究所 ヨーロッパ資本市場研究会メンバー(2017年10月~2018年7月)
公益財団法人日本証券経済研究所 ヨーロッパ資本市場研究会オブザーバー(2015年10月~2017年7月)
「民営化からみたギリシャの経済危機」ヨーロッパ資本市場研究会(公益財団法人日本証券経済研究所 2015年7月27日)
「英国の景気回復はサステナブルなのか?」ヨーロッパ資本市場研究会(公益財団法人日本証券経済研究所 2014年7月14日)
「スロヴェニアのサクセス・ストーリーとその落とし穴」討論者(ロシア・東欧学会2013年全国大会 2013年10月6日)

著書・論文執筆

時事通信「金融財政ビジネス」、近代セールス社「近代セールス」「バンクビジネス」、ダイヤモンド社「ダイヤモンドオンライン」、プレジデント社「プレジデントオンライン」などに定期寄稿


「最近のフランス経済とマクロン大統領の構造改革」『国際金融』(外国為替貿易研究会2018年10月)
「スペインの銀行危機と安定化政策スペインの銀行危機と安定化政策」『上智ヨーロッパ研究』(上智大学ヨーロッパ研究所2018年3月)
「ブルガリアが20番目のユーロ導入国になるか」『国際金融』(外国為替貿易研究会2018年04月)
「息を吹き返したルーマニア経済」『国際金融』(外国為替貿易研究会2017年10月)
「政府の累積債務問題と証券市場の機能低下—ギリシャのケース—」『証券経済研究』(公益財団法人日本証券経済研究所2017年06月)
「高成長スペインが抱える調整圧力」『国際金融』(外国為替貿易研究会2017年04月)
「深刻化するイタリアの不良債権問題」『国際金融』(外国為替貿易研究会2016年10月)
「ギリシャの銀行危機長期化と政策対応」『証券経済研究』(公益財団法人日本証券経済研究所2016年09月)
「ポルトガル経済は「低成長の壁」をどう克服するか」『国際金融』 (外国為替貿易研究会2016年04月)
「ギリシャの経済危機とそのソルベンシー」 『国際金融』(外国為替貿易研究会2015年10月)
「ギリシャにおける国有企業民営化の現段階」『証券経済研究』(公益財団法人日本証券経済研究所2015年09月)
「オーストリアの銀行部門における構造調整の現段階」『国際金融』 (外国為替貿易研究会2015年04月)
「再び成長軌道に乗ったスペイン経済‐その背景にある労働調整に注目して‐」『国際金融』(外国為替貿易研究会2015年03月)
「停滞する欧州の周縁経済-南東欧6ヵ国の比較分析」『国際金融』(外国為替貿易研究会2014年10月)
「拡大欧州最後のフロンティア「南東欧」 – その中心地セルビアの財政問題 – 」『国際金融』(外国為替貿易研究会2014年04月)
「ようやく安定しつつあるイタリア経済」『国際金融』(外国為替貿易研究会2014年02月)
「欧州債務問題のなかでくすぶる小国リスク-スロヴェニアの不良債権問題」『国際金融』(外国為替貿易研究会 2013年10月)
「EU拡大の反動に喘ぐ中東欧経済‐クロアチアの事例‐」『国際金融』(外国為替貿易研究会 2013年04月)
『現代スペインを知るための60章』(明石書店 2013年03月)共著、分担執筆
「スペインにおける金融・財政危機と失業問題」『世界経済評論』(世界経済研究協会 2012年11月)

経済レポート

レポート・コラム